リオ五輪では35万個のコンドームが用意(shutterstock.com)

写真拡大

 過日、卓球男子のリオ五輪メダリストである水谷準選手が爆笑問題のラジオ番組にゲスト出演し、ドーピング検査の不意打ち実態を明かしていた。彼自身も、当時の恋人と自宅で寛いでいた明け方に急襲された経験を持つそうだ。
 
 その素直な口調にも好感を覚えたが、もっと驚いたのが世界レベルのアスリートになると「その夜はラブホに泊まるとしても、(協会側が把握できるように)正確な自分の居場所をPC上に登録しておかなければいけない」という、GPS級の検査規律の厳しさだ。

試合前は禁欲すべし!?

 そんな意外な逸話ひとつからも、アスリートの健全な性生活(=性欲処理)ぶりが垣間見える。巷間よく囁かれているのが「試合前は禁欲すべし」「敗因は前日のセックス」などの通説だろう。

 確かに古代ギリシアにおいては「スポーツ前は禁欲すべし」が、選手間の定説とされていた。今世紀でも2014年W杯の際、大会期間中のセックス禁止令を公表したロシアやボスニア・ヘルツェゴビナ勢、メキシコやチリ代表が見事に予選を勝ち抜いた例もある。

 それはアリの一穴を見逃さず、不安材料を最大限に取り除いた上の万全態勢で臨みたい指揮官やコーチ陣からすれば「試合前の禁欲」を厳守させたい気持ちは古今東西、変わらないものだろう。

 しかし、『Frontiers in Physiology』6月21日に掲載されたイタリア発、Laura Stefani氏(フィレンツェ大学医学助教授)らの比較研究論文は、そんな管理する側の禁欲優位説を覆しかねない結果を示唆している。
35万個のコンドーム、10万個の女性用コンドーム、17万5000個のローションを用意

 試合前のアスリートは、はたして性活動を控えるべきか否か? スポーツ界では依然として、意見の分かれる問題といえるだろう――。

 都市神話のような賛否両論を解き明かすべく、Stefani氏らはさまざまな種目の成績に対する「性活動の影響」を調べ、信頼に足る医学誌上で公表された9件の研究報告をつぶさにレビューした。

 精査の結果、研究陣は「アスリートの(試合前の)性活動が競技結果に悪影響を及ぼす、そのことを示す確固たる科学的エビデンスは認められなかった」、しかも「この問題に関する研究は実際、ほとんど行われていない」と根拠薄弱な実相も突き止めた。

 「実のところ、この問題については十分に検証されているとは言い難い。あくまでも個人的な経験談として語り継がれてきたに過ぎないことは明らかだろう。(試合前の)2時間以内の性活動でなければ、SEXはむしろ競技成績に有益な影響をもたらす可能性があることを、今回のわれわれのエビデンスは示唆している」

 そう述べているStefani氏らの論文は、次のようにアスリート・ファーストな結論で闘う者たちの気持ちに伴走している――。「アスリート諸君は、大きな試合を明日に控えてのSEX行為に、なんら罪の意識を覚える必要はないであろう」と。

 そう結論づけられると、余計にStefani氏らの文中にある如く、「個人的な経験談」がものをいうというか、ギリシア彫刻級に鍛えられた筋肉保持者たちの性的効果を拝聴したくなるのが人情だが......。

 昔からオリンピック代表間の暗黙ルールとして、期間中に選手村とその周辺で起きたコトは「他言しないこと」という紳士協定があるそうだ。しかし、ゴムは口ほどにものをいう!?

  今夏のリオ五輪が打ち立てた隠れ記録のひとつが、国際オリンピック委員会(IOC)配布のコンドーム量が「史上最多」だったというジカ熱注意下の事実は、複数の英紙や米誌が報じた。

 17日間で計1万5000人の参加選手陣に対し、35万個のコンドームと10万個の女性用コンドーム、さらに17万5000個のローションが用意され、その配布担当者の肖像がSNS上に数多投稿されるほどの引っ張りダコぶりだったという。

 こういう代表秘話を吹き込まれると、2020年の東京五輪をめぐる目下紛糾中の話題も少し違う角度から愉しめないだろうか?

 たとえば、地方開催案も出ているボート競技の選手陣が呟く、「選手村が離れるのは寂しい」という、距離以外の理由の裏側なども......。
(文=編集部)