ヤマハ発動機が「ネオレトロ」と謳うロードスポーツマシン「XSR900」の新色がラインナップに追加されることが発表されました!

新色の名は「ブラックメタリック X」。「XJR1300」や「FZ1 FAZER」などヤマハの多くのバイクでラインナップされているカラーですね。

1

ほとんどのパーツにブラックの塗装を施しており、タンクには白いラインとYAMAHAの文字が目立っています。

フロントフェンダー・ラジエターサイドカバー・リアフェンダーなどに専用のブラックパーツを採用し、統一感のある見た目になっていますね。

XSR900の魅力は何よりこのギュッと締まったボディ!マシンが大きすぎず小さすぎず、街にも人にも馴染む”ネオレトロ”な外観にこだわっています。

このまま乗ってもカッコイイですが、XSR900はカスタム次第でカフェレーサーにもスクランブラーにもなり得る一台です。もちろん、パフォーマンスの面でも妥協をしておらず、見た目も良し、走りも良しというマシンとなっています。

845ccのエンジンは最高出力110馬力!外観と裏腹に驚くべきパワーを持っています。

今まではマットグレーメタリックとグレーイッシュブルーメタリックという2色のラインナップ(限定車を除く)でしたが、新色が追加されることにより、さらに人気が加速するのではないでしょうか。

新色を採用したモデルの発売日は2016年12月15日です。

(ライター:駒月 麻顕/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

レトロの皮を被った刺激的ハイパワーマシン、ヤマハ・XSR900に新色追加!(http://clicccar.com/2016/10/22/409569/)