宮崎あおい(左)と橋本愛(右)

写真拡大

映画『バースデーカード』初日舞台挨拶が10月22日、新宿バルト9にて行われ、橋本愛、宮崎あおい、ユースケ・サンタマリア、須賀健太、中村蒼、吉田康弘監督、そして子役の篠川桃音、星流が登壇した。橋本と宮崎という実力派女優2人がそろった作品だったが、共演は1シーンのみだったことに橋本は「悔しい思いをしましたが、貴重な共演シーンは宝物のような時間でした」と撮影を振り返っていた。

『バースデーカード』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、余命宣告をされた母が、残された子どもたちのために、20歳の誕生日を迎えるまで毎年バースデーカードを贈り、進む道に光を照らしていく家族の絆を描いた感動物語。

作品にちなみ、宮崎に手紙を書いた橋本は「一緒にキャンペーンを回っていて、とても愛情深い人だと感じました。ずっと尊敬していますし、いつかは会話のあるお芝居が一緒にできますように、これからもよろしくお願いいたします」と綴ると、宮崎も笑顔で「こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします」と答えていた。

また、須賀は父親役だったユースケに「撮影中、僕の舞台のスケジュールを把握してくれていたのを知ったときは、本当の父親みたいに感じてすごく嬉しかった。その時は僕もケンタ・サンタマリアに改名しようと思ったぐらいです」と茶目っ気たっぷりの手紙で会場を盛り上げると、ユースケは「その名前はやめたほうがいいな。ナオト・インティライミとかマツコ・デラックスとか、たくさんいるからね」とツッコミを入れつつも「企画とはいえ嬉しいですよね」と破顔していた。

近年では珍しいオリジナルストーリーであることに触れた橋本は「手作り感満載の作品です。オリジナルでもここまでできるという勝負をかける気持ちで全国に届けていきたいです」と力強く宣言すると「自信を持ってみなさんに届けられる映画になりました」と胸を張った。
(text&photo:磯部正和)