【動画】速いのはどっちだ?「ホンダ・新型NSX」vs「ランボルギーニ・アヴェンタドール」

写真拡大


ホンダが最新の技術を詰め込んだ究極のスーパースポーツカー「新型NSX」が、いよいよ2017年2月27日に日本で発売される。価格は税込2370万円と、性能のみならずプライスも日本車としてはトップクラスだ。

世界中から注目されているこの新型NSXだが、ではもし、さらに高額なスーパーカー「ランボルギーニアヴェンタドール」と対決したらどちらが勝つのだろうか? 今回はその結果を動画とともにご報告したい。

・スペックでみるとランボルギーニが優勢

冒頭でお伝えした通り、動画内でスピード対決を行うのは、ホンダ(アキュラ)「新型NSX」とランボルギーニ「アヴェンタドール LP700-4 ピレリエディション」である。

まず、ホンダの新型NSXのスペックについてだが、排気量が3.5L、馬力は573HPとなっており、V6ツインターボエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載しているのが特徴だ。

一方、ランボルギーニのアヴェンタドール LP700-4 ピレリエディションは、排気量が6.5L、馬力は700HP、ターボ無しのV12エンジンを搭載しているモンスターマシン。価格もNSXより圧倒的に高く、4300万円を超える設定となっている。

・アヴェンタドールの重厚なエンジン音は必聴

動画を再生すると、それぞれの車の外観のほか、エンジンスタート時のコクピットの様子を見ることが可能だ。45秒あたりでは「ブゥゥゥウウウーーーン!」というアヴェンタドールの重厚なエンジン音を聞くこともできるぞ。

・まさかの結果に

その後、車がスタートラインに並び、1分18秒あたりのところでスタンバイが完了。両車の間に立った女性が両手を振り下ろして、レーススタート! 結果は……な、なんと!! ホンダ「新型NSX」が勝ったではないか!

スペック上ではアヴェンタドールの方が明らかに有利なハズだが……新型NSXのハイブリッドシステムの電動モーターが加速時にパワーを発揮したのか、スタート直後からNSXがレースをリードするという意外な展開となった。 

・どちらも魅力のあるスポーツカー

しかし、これはあくまでもドラッグレースの結果であり、長距離になれば順位が逆転する可能性は大いにある。いずれにせよ、どちらも魅力的な車であることに変わりはない。あなたはどちらのスーパーカーがお好みだろうか?

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る