Doctors Me(ドクターズミー)- 睡眠障害はPMS(月経前症候群)症状の1つ? 睡眠障害と女性ホルモンの関係

写真拡大

不眠症など、睡眠に関わる悩みを抱えている人が多い日本。女性の方が睡眠に悩みを抱え、不眠症になりやすい傾向があるそうで、その性差の原因は、女性ホルモンの分泌によるところが大きいといいます。



睡眠障害はPMS(月経前症候群)症状の1つだった


女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、それぞれが身体の管理、妊娠、出産を支える役割を担っています。エストロゲンの分泌が多いときは心身が安定する一方で、プロゲステロンが多く分泌される時期は心身がやや不安定になりやすい状態になります。例えば生理2週間くらい前から起こるPMS(月経前症候群)では、プロゲステロンの分泌によりむくみ、頭痛、腹痛、腰痛、めまい、倦怠感、不安、抑うつ症状などが出やすくなります。

また、PMSの症状の1つに睡眠障害があります。生理前だけ眠りが浅くなる、何度も目が覚めるのは、女性ホルモンの分泌による睡眠障害の一種。この事実だけでも、睡眠と女性ホルモンは密接に関係していることがわかりますよね。



ピル(経口避妊薬)を飲んでいると睡眠障害が起こりやすい?


避妊だけでなく、ホルモンバランスや月経の状態を安定させるためにピル(経口避妊薬)を飲んでホルモンバランスをコントロールしている女性も多いと思います。ピルの基本的な仕組みは、血中に女性ホルモンが十分ある状態になり、脳が妊娠している状態と勘違いし、排卵が起こらなくなるというものです。妊娠中は「高温期」といわれる、体温が高い状態が続きますが、ピルの服用中も高温期と同じ状態になります。

このピルは、睡眠障害を誘発する可能性があるという研究結果があります。

SRIインターナショナル人間睡眠研究のチームが、ピルを服用している女性とそうでない女性で、睡眠にどのような違いがあるかを比較しました。その結果、ピル服用グループはノンレム睡眠とも言われる深い睡眠が少ない傾向にあることが分かったというのです。



シフト勤務、更年期の女性はいっそうホルモンバランスの乱れと睡眠にご注意を


ホルモンバランスは、体内時計によっても支配されています。ホルモンバランスが整うには、まず体内時計が整っていることが必須です。眠りをもたらすホルモンは、日中に多く分泌される「セロトニン」と夕方以降に分泌される「メラトニン」で、体内時計の影響を受けて分泌量が変動します。同様に、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスにも、体内時計が関係しています。

医師や看護師、客室乗務員などシフト制で深夜も働いている女性は体内時計が狂いやすいため、月経周期にも悪影響が。さらに体調不良、睡眠障害が起こりやすくなってしまうので、ホルモンバランスの乱れに注意が必要といえます。

また、40代後半から約10年にわたって続く更年期には、女性ホルモンが急激に減少し、更年期障害と呼ばれるさまざまな不調が起こりやすくなります。中でも睡眠障害は女性ホルモン減少の影響を色濃く受けてしまうものなので、それまで睡眠に関する悩みと無縁だった人も、急に眠れなくなる…ということがあるかもしれません。

更年期のほか、妊娠中〜産後も女性のホルモンバランスは大きく変動し、睡眠の質に影響を与えます。例えば妊娠中は、起きていられないほどの睡魔に襲われたり、出産直前には睡眠が浅くなったりします。

また、出産後も睡眠障害に悩まされることがあります。出産直後は睡眠が多少取れなくても大丈夫ですが、産後1〜2年の育児ではとくに、赤ちゃんの夜泣きなどで睡眠時間が十分に取れなくなる場合があります。こうした睡眠の変化が原因で、そのまま睡眠障害やうつ症状へ発展しまうこともあるのだとか…。

このように、女性は一生のうちで何度もホルモンバランスの変化の波を体験し、睡眠や体調に大きな変化があります。そのたびにストレスを感じ、つらい思いをするのは避けたいものですね。

ホルモンバランスの乱れは病気でないため、「治す」ということはできませんが、「みんな経験すること」ととらえてあまり悩みすぎないのがよさそうです。体調が悪いときは休憩したり、眠気を感じたら仮眠をとったりとなるべく身体に無理なく過ごすようにし、症状が重いと感じる場合には医師に相談しましょう。