軍配が上がるのは、ショットメーカー・笠りつ子か、パター巧者・鈴木愛か(撮影:福田文平)

写真拡大

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 3日目◇22日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,523ヤード・パー72)>
 マスターズゴルフ倶楽部を舞台に開催されている「マスターズGCレディース」。今大会も例年通りバーディ合戦となっている。そんな中、賞金ランク日本人最上位の笠りつ子(全体では3位)と同2位の鈴木愛(全体4位)がトータル14アンダーの首位タイで並んでいる。
笠りつ子、鈴木愛を現地から生配信!撮りたてライブフォト
 
 予選の2日間でトップを走っていた笠は今日もショット、パター共に安定。「納得のいくプレーができました」とスコアを5つ伸ばし首位固め。「ボードを確認して全体の流れを見ながらできました」と周りを見る余裕も。
 鈴木は「久しぶりにショットの調子が良かった。ティショットはほとんどフェアウェイに行ったし、アイアンも狙ったところに打てた」と7バーディ・ノーボギーの大爆発。一気に首位の笠りつ子に追いついた。
 この2人のスタッツを比較すると、笠は現在パーオン率2位のショットが武器。鈴木も「笠さんは本当に調子が良い。ショットが前よりも飛んでて、ショートアイアンでビタビタ」と話す。その安定したショットでパーセーブ率も4位につけている。
 一方の鈴木は平均パット数1位のパター巧者。予選ラウンドを同組で回った成田美寿々は「愛ちゃんのパターはすごく上手い。私のパッティングをやってくれたら10勝くらいできると思う(笑)」と賛辞を惜しまない。平均バーディー数も2位とパッティングを活かしてバーディを量産するゴルフが持ち味だ。
 今大会を制したほうが賞金ランク日本人最上位、そして申ジエ(韓国)を抜いて賞金ランク2位となるのは明白。優勝賞金2,520万円を加算し、トップのイ・ボミ(韓国)への挑戦権を得るのは、ショットメーカーかパター巧者か。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【富士通レディース 編】
美女ゴルファーが目白押し!女子プロ写真館