クリスティアーノ・ロナウド選手は「開放派」 (C)FAMOUS.uk.com

写真拡大

ボクシング映画「ロッキー」(1976年)に有名なシーンがある。ロッキーの親代わりの老トレーナー、ミッキーが、ペット店で働く女性エイドリアンに熱い視線を送るロッキーにこう警告する。「あの女には近づくな。女は足にくる」。

スポーツ界では試合前夜にセックスをすると、成績が悪くなるとして禁欲を強いるコーチが多い。一方、リラックスできると妻・恋人同伴を推奨する監督も少なくない。いったい、シテいいのか悪いのか、長年続いてきた「禁欲論争」に終止符をうつ研究がまとまった。「試合の2時間以上前ならオッケイ!」というのだ。

モハメド・アリは禁欲、ベーブ・ルースは快音一発

この研究を発表したのは、イタリア・フィレンツェ大学スポーツ医学部のラウラ・ステファニー助教授らのチーム。生理学専門誌「Frontiers in Physiology」(電子版)の2016年6月21日号に論文を掲載した。その研究を紹介する前に、ざっとスポーツ界の「禁欲論争」の流れをおさらいしておこう。

スポーツニュースサイト「Sports&Fitness Magazine」(日本語版)の「セックスとアスリート」(2000年5月)によると、古代ギリシャ・ローマから米国先住民にいたるまで、競技や戦闘など激しい運動の直前は、女性に指1本触れないのが伝統だった。「清め」の儀式であると同時に、セックスが選手(戦士)を弱くし、闘争心を奪うと考えられたからだ。

1905年のハーバード大学のトレーニングコーチの日記には、いかにして選手から女性を遠ざけるかという方法が細かくつづられている。試合前のセックスについてはアスリートによってまちまちだ。ボクシングのモハメド・アリは「闘争本能が消える」と禁欲を貫いた。一方、快楽派の代表は大リーグのベーブ・ルースやタイ・カッブ。ともに大記録樹立がかかる試合の前日は必ずセックスをした。NBA(米プロバスケットボール)のウィルト・チェンバレンは生涯に1万人以上の女性と寝たことを自慢し、その多くが試合前日だったという。

サッカー代表監督「ベッドではパンツを履いて寝てくれ」

サッカーのワールドカップでも、指導者によって、考え方が正反対だ。2014年のブラジル大会での模様を、同年6月8日付産経新聞(ウエブ版)は米NBCの報道としてこう伝えている(要約抜粋)。

「早々と『セックス禁止令』を打ち出しているのがメキシコ代表のミゲル・エレーラ監督だ。禁欲が選手たちのパフォーマンスを最高に高めると考えており、選手たちにベッドの中ではパンツをはくように勧めている。『私はサッカーのことを考えている。選手もサッカーのことを考えてほしい。40日間禁欲したところで死にやしない』とエレーラ監督はいう」

「一方、『選手は大らかに過ごせ』と主張するのが元コロンビア代表のカルロス・バルデラマ氏。『私が代表だった時、ベスト8以上の成績を残せなかった。それは当時、セックス禁止令が出されていたからだ。もしあの時、もっと開放的に過ごしていたら、より良い成績を残せた。選手は励むべきだ』」

そして、現役選手の意見も紹介する。ポルトガル代表のロナウドは「それは集中力を高めてくれる」と快楽派、コートジボワール代表のカルーは「サッカーに90分間の純粋な喜びがあるのだから、試合前日は静かに過ごす」と禁欲派だった。

この論争は、2010年の南アフリカ大会でもあった。同年6月22日付ニューズウィーク誌(日本語版)の「W杯セックス禁止令で勝てるか」はこう報じている(要約抜粋)

「イングランドとガーナ代表に大会中のセックス禁止令が出されたらしい。背景にあるのは、ベッドで頑張って疲れてしまうと翌日のプレーに差し障りがあるという考え。闘争心を促す男性ホルモンのテストステロンが射精で放出されるから、という説もある。おそらく、どちらも間違っている」

「セックスはプロのアスリートが息切れするほど激しい運動ではない。セックスを控えると、長期的にはテストステロンの量が減る可能性もある。『3か月しないと子どもと同レベルまで急減する』とある内分泌学者は指摘する。それにセックスは素晴らしいストレス解消法だ。犯人は寝不足の方かもしれない。大リーグの名監督だったケーシー・ステングルの名言がある。『問題は選手が試合前夜にセックスをすることではない。セックスを求めて夜通し起きていることだ』。禁止令でイングランドとガーナの選手がよく眠れるのは確かかも」

前日にした方がマラソンの記録は伸びる?

さて、フィレンツェ大学の研究を紹介しよう。研究チームは、過去に発表されたスポーツとセックスに関する512本もの論文を精査した。そして、その中で特に直前にセックスを行なうことが、運動パフォーマンスに与える影響を調べた論文に絞って9本を選び、詳細に分析した。たとえば次のような論文だ。

(1)市民マラソンのランナーを対象に、大会前日にセックスをしたかどうかと、大会での体調を聞き、セックスをした選手としなかった選手の記録を比較。


(2)女性アスリートを前日にセックスをするグループと、少なくとも6日間以上禁欲するグループに分け、体力測定を行ない、比較。


(4)男性アスリートを、前日にセックスをした場合と、一定期間禁欲した場合との握力をそれぞれ測り、比較。


(5)男女アスリートを、前日にセックスをした場合と、一定期間禁欲した場合とに分け、テストステロンの分泌量を比較。


この論文例を見てもわかるが、試合前のセックスが実際の試合に与える影響を具体的に直接検証した研究がまったくないことに驚く。試合の勝敗などは選手の心理、ゲームの流れ、相手の力量など様々な要因が複雑にからみ、科学的に立証するのが難しいからだ。

研究リーダーのステファニー助教授も論文の中でこう語っている。

「9本の論文の中には、試合前のセックスが運動パフォーマンスに悪影響を与えるという科学的根拠を示したものはありませんでした。マラソンの例などはむしろいい結果を出しています。女性アスリートの体力測定や男性アスリートの握力測定では、両者の差はみられません。このほか、睡眠不足の研究、テストステロンの分泌の研究でも、前日のセックスが運動能力を落とすという結果は見つかりませんでした」

つまり、これまでの膨大な数の研究をもってしても、セックスが悪い結果を引き起こすことは証明されなかったというわけだ。

ステファニー助教授は最後にこう結論づけている。

「結局、この問題はこれまで十分に検証されることがなく、コーチや選手などの個人的な体験談として語られてきました。ストレスの解消や睡眠効果などを考慮すると、性活動はむしろスポーツの成績に有益な影響を与えると考えられます。ただし、試合の2時間前までに行なうことが条件ですが」