ティーチインに臨んだ黒沢清監督

写真拡大

 黒沢清監督が10月22日、監督最新作「ダゲレオタイプの女」が上映中の東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で、映画を鑑賞した観客とのティーチインに臨んだ。

 「岸辺の旅」で2015年・第65回カンヌ映画祭ある視点部門監督賞を受賞した黒沢監督が、オール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげた初の海外作品。写真家の弟子として働き始めた主人公ジャンは、長時間にわたって拘束器具に固定され、世界最古の写真撮影方法「ダゲレオタイプ」の被写体となった写真家の娘マリーを救おうとするが……。閉鎖された屋敷を舞台に、 ダゲレオタイプが引き寄せる愛と死を描いた。

 黒沢監督は「現代のフランス映画ではありますが、日本人が撮っていますので、何か社会問題を鋭く扱ったりはしておりません。むしろ、もっと普遍的な映画そのものに根ざした仕上がりになっていればうれしい」とキャリア初となった挑戦を振り返り、「国籍や時代にとらわれない、こんな映画もアリだなと自然に楽しんでもらえれば」とアピールした。

 屋敷の温室に幽霊が現れるシーンについては、「CGは一切使わず、少しハイスピードで撮影することで、幽霊の動きがゆっくりになり、非現実的な雰囲気を演出した」といい、「特にこだわったのは照明ですね。普通は怖がらせるために、画面の暗さを強調したり、不気味な影が出るように下から光を当てたりするんですが、今回は全体を明るくした。見ようによっては絵画に見えるし、どこにも影がないので一種の違和感が表現できた」と説明していた。

 また、キャストに加えて、助監督らスタッフもオーディションで選出するフランス映画界のしきたりや、ロケを行った個人所有の古い屋敷を3カ月以上かけて見つけたエピソードを披露。観客は熱心に聞き入っていた。「ダゲレオタイプの女」は公開中。