2013年にアカデミー賞助演女優賞を受賞したアン・ハサウェイ (c)Imagecollect.

写真拡大

女優のアン・ハサウェイが、アカデミー賞を受賞した時について語った。

2013年に映画『レ・ミゼラブル』(12)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアンだが、受賞が発表されたときの大げさなリアクションやスピーチが一部の人から批判されていた。

そんな彼女はガーディアン紙のインタビューで、受賞の瞬間は「本当に気まずかったわ」と明かし、次のように語った。「映画の撮影で冷静さを失っていて、そこから調子が戻っていなかったの。それでたくさんの人たちの前で立ち上がって、感情を出さなければいけなかった。私は素直に幸せと感じられなかったのにね。オスカーを受賞したんだから幸せだと感じるはずだったけど、そんな気分にはなれなかったの」。

さらに、授賞式でアンはPRADA[プラダ]の高価なドレスを着用していたが、「ほとんどの人が人生で目にすることもないぐらい高価なドレスを着て、あの場にいることに違和感を覚えたわ」と複雑な心境を明かした。

授賞式の振る舞いで批判されたことでも嫌な思いをしたというアン。アカデミー賞には良い思い出がないようだ。【ハリウッドニュース編集部】