内村光良、知念侑李の俳優力を絶賛!

写真拡大

内村光良が原作・脚本・監督・主演を務める映画『金メダル男』の初日舞台挨拶が10月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、内村をはじめ、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、宮崎美子、平泉成が登壇。内村が「私は小さな巨人と呼んでいるんですが、スクリーン映えするなと思った。今後も映画が続くと思うので、俳優としても頑張ってもらいたい」と知念の俳優力を絶賛した。

【写真を見る】土屋太鳳、キラキラと輝くゴールドのドレスで登場!

本作は、世の中のさまざまな一等賞に挑む男の奮闘を描く人間ドラマ。常に全力を尽くす熱き主人公・秋田泉一を、内村と知念が二人一役で演じる。

内村からキャスト陣それぞれに金メダル型の手紙が贈られたこの日。映画初主演を果たした知念には、「知念でよかったで賞」が授与された。内村は「私の若い頃を演じる人を探しあぐねていた。俺の中ではジャニーズは考えられなかった。プロデューサーさんから『知念くんは?』と言われて、灯台下暗しだなと思った」とオファーまでの道のりを述懐。

さらに「立派に中学生から25歳までを演じてくれた。いろいろな表情を見せてくれた」と感謝の気持ちを語ると、知念は「ありがとうございます!」と感無量の面持ち。「顔とか雰囲気が似ていてよかった。そのおかげで主演ができました。本当にうれしい賞」と笑顔を見せていた。

また知念からは、サプライズで内村へ手紙が贈られた。内村が「バクバクする!」と見守るなか、知念は「内村監督のおかげですぐに現場に馴染むことができて、のびのびと撮影することができました」と手紙を読み始めた。バラエティでも共演を重ねてきた2人だが、「撮影後半では、初めて内村さんの『疲れた』という言葉を聞きました」と続け、「それでも最後まで妥協しない姿はとてもかっこよかったです。とても尊敬しております!」ときっぱり。

知念が「内村さんの頑張りが一番の金メダルです!観てくれた方の一等賞を獲りましょう!」と手紙を締めくくると、内村は「やった!尊敬された!」と拳を突き上げて大喜び。「知念は宣伝活動でも最初は何もしゃべれなかった。最近ではしゃべりも上達して、こいつバラエティも慣れてきたなと思った」と楽しそうに笑っていた。【取材・文/成田おり枝】