W杯決勝の日本戦でゴールを決めた元アメリカ女子代表MFホリデーが脳腫瘍の手術…妊娠中に発見

写真拡大

▽かつてアメリカ女子代表として活躍し、2015年に現役を引退したローレン・ホリデー(28)さんが、脳腫瘍の手術を受けた。イギリス『BBC』が報じている。

▽2008年の北京五輪、2012年のロンドン五輪、そして2015年のカナダ女子ワールドカップで優勝に貢献したローレンさんは、2015年に現役を引退していた。

▽NBAのペリカンズでポイントガードを務めるジュルー・ホリデーを夫にもつローレンさんは、妊娠が発覚。しかし、その際に体のしびれを訴えると、脳に腫瘍が発見されていた。

▽一刻も早い手術が必要だったローレンさんだったが、胎児への影響を考えて先に出産することを選択。9月に無事女の子を出産し、この度、脳腫瘍の手術を受けた。

▽なお、夫のジュルーはローレンさんの看護のために無期限でチームを離脱することを決断。チームも主力を務めるジュルーの離脱を認め、NBAの開幕を迎えることになる。