およそ300人のオーディションを勝ち抜き、映画「菊とギロチン」で初主演を務める木竜麻生

写真拡大

映画「ヘヴンズストーリー」や「64 ロクヨン 前・後編」などを手掛けた瀬々敬久監督の最新作映画「菊とギロチン」のクランクインと主要キャストが発表された。

東出昌大のドラマ初主演作は「さよならドビュッシー〜ピアニスト探偵 岬洋介〜」

「菊とギロチン」は、瀬々監督が長年温めてきた意欲作で、第一次世界大戦後の大正時代を舞台に、農村を中心に活況を呈していた「女相撲興行」の力士たちと、格差のない理想世界を夢見る若きアナキストたちの出会いを軸に描く骨太エンタテインメント作品。10月7日から京都や滋賀などを中心撮影が始まっている。

本作の主人公である女相撲力士“菊”役は、長期にわたる厳しいオーディションの結果、約300人の女性応募者の中から'94年生まれの木竜麻生(きりゅう まい)が大抜てき。木竜は今回が映画初主演作品となる。

一方、アナキストグループ「ギロチン社」のリーダー中濱鐡に、今秋公開の映画「聖の青春」でも独特な存在感を放つ東出昌大。

また、彼らを取り巻く主要キャストとして、女相撲力士・十勝川に、10歳で鈴木清順監督の「ピストルオペラ」で映画デビューした韓英恵、アナキスト・古田大次郎役に新人俳優の佐藤寛一郎が決定した。

ほか、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、川瀬陽太などの出演も発表された。