写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Ozoneは11月15日、都電荒川線にて「がたんごとんフェス」を初開催する。同フェスは日本初となる電車内でのサイレントフェスで、"いつもの電車が魔法のライブ会場に"をうたっている。

都電荒川線荒川車庫前駅から終点三ノ輪橋駅まで、音楽と電車に揺られながら、無音のDJライブを実施。無機質で淡白な印象を持つ人も少なくない電車内の時間を、景色によって移り変わる鮮やかな音楽と、華やかな装飾、香りでずっと乗っていたくなるような電車に変身させる。当日は都電荒川線を貸し切り、車窓から見える秋深まる景色と、耳ざわりのいい音楽にゆらりゆられ音楽で日常を非日常な体験を促す。

サイレントフェスは、NYやヨーロッパをはじめ世界中で開催されている"無"音楽体験「Silent Disco」Silent itプロデュースのサイレントディスコのこと。専用のワイヤレスヘットホンを使いライフ空間を生み出し、ライブハウスやクラブとは違い、周りは全くの無音でありながら、ヘッドホンの音量をあげて音楽の世界にトリップするもヘッドホンを外して語りあうことも自由となる。

開催日は11月15日で都電荒川線荒川車庫前駅に12時45分集合。13時に荒川車庫前駅を出発し14時45分到着。三ノ輪橋駅にて解散となる。出演者は、DJ Blue(Electronica)、DJ Silent it(All mix)、Sheep360(Binaural Sound)。参加費は一般3,000円、学生2,000円(当日乗車時に学生証を提示)。エントリー方法など詳細はホームページ、エントリーサイトを参照。