ローリー・ホールデン

写真拡大

冷戦時代のアメリカを舞台にした米FXのスパイ・サスペンスドラマ『ジ・アメリカンズ』のシーズン5に、『ウォーキング・デッド』のアンドレア役で知られるローリー・ホールデンが出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

『ジ・アメリカンズ』は、冷戦時代を舞台にケリー・ラッセル(『フェリシティの青春』)とマシュー・リス(『ブラザーズ&シスターズ』)演じるアメリカ人夫婦を装ったソ連のKGB工作員がワシントンD.C.で活動する姿を描く。ローリーの役どころは、FBI捜査官スタン・ビーマン(ノア・エメリッヒ)と恋愛関係になるレニー。街に新しくやってきた女性で、ジムでスタンと出会い彼の関心を掴むことになるが、男性に簡単についていってしまう一面もあるようだ。シーズン5には、ブレット・タッカー(『ミストレス〜溺れる女たち』)もゲスト出演することが決まっている。

ローリーは、過去に『ザ・シールド 〜ルール無用の警察バッジ〜』『Major Crimes 〜重大犯罪課』といったTVシリーズにゲスト出演。最近では米NBCの人気ドラマ『シカゴ・ファイア』にも出演した。

『ジ・アメリカンズ』シーズン5は13話構成で米FX にて2017年に放送予定。同シリーズは、2018年放送予定のシーズン6をもって終了することがすでに発表されている。(海外ドラマNAVI)