あったかシチューをリゾットにリメイク! 1度で2度楽しめる節約レシピ

写真拡大

この秋、驚くほど高騰している野菜。いつものようにスーパーへ行くと、あまりの高さに野菜の購入をためらう人も多いのではないでしょうか。天候不順の影響で一時的とはいえ、毎日のこととなると家計への影響も大きいですよね。今回は、食材の量を最低限にして作る簡単シチューをご紹介します。また、余ったシチューを雑穀のリゾットにアレンジすることで、翌日の朝食としても楽しめます。1食先の献立まで予定しておくことで、心に余裕も生まれますよ♪

■野菜が高い! 今狙うべき食材とは?

野菜の中でも特に価格変動が表れやすいのが、葉もの野菜と旬の野菜です。逆に、ジャガイモなどの根菜類や、ハウス栽培されている野菜はそこまで大きく値上がりはしません。このように、お手頃価格で購入できる野菜に肉や魚を合わせて、食べ応えのあるメニューに仕上げるのが理想的です。ダイエット中はお肉を食べることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、そんなときは魚を上手に使いましょう。今回ご紹介するシチューには鮭を使いますが、切り身なら簡単に調理することができますよ。またジャガイモは太りやすいと思うかもしれませんが、食物繊維やビタミンが多く含まれているので、ダイエットのサポートにも向いています。ご飯がなくてもお腹いっぱいになるのもGoodです!

●味噌クリームシチュー

〈材料〉
・鮭の切り身 2切れ(半分に切る)
・ジャガイモ 中2個(8等分に切る)
・水 150cc
★ホワイトソース缶 150g
★味噌 大さじ1

〈作り方〉
1.★を合わせておく。
2.中火で熱したフライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、ジャガイモを加えて1分程炒めたら、鮭を加えて軽く焼き色がつくまで炒める。
3.水を加え、ジャガイモに火が通るまで弱火で煮立たせる。
4. 1を加えてよく混ぜ、ひと煮立ちさせたら完成。

■ちょい足しで朝食になる、リメイクごはん!

「夜ごはんも終わったし、これでゆっくりできる!」と思うのも束の間、次に考えるのは翌日の朝食です。夜ごはんの残りをそのまま朝に食べるのもいいですが、どうせなら違うものが食べたいですよね。今回は、残ったシチューに「ちょい足し」して簡単に作れるリゾットをご紹介します。リゾットには、お米の代わりに雑穀を使用します。雑穀の中でも押し麦は安価な上に栄養も豊富! 食物繊維にいたってはお米の10倍以上も含まれています。リゾットの場合は白米よりも調理時間が短いので、時短&光熱費の節約にもなりますよ。

●簡単リメイク! 雑穀のリゾット

〈材料〉
・押し麦 50g
・「味噌クリームシチュー」の半量
・豆乳 100cc〜150cc
・黒コショウ 適量

〈作り方〉
1.押し麦は、水に15分程浸して、水を切っておく。
2.中火で熱したフライパンに、オリーブオイルをひき、1を1〜2分炒めて水分を飛ばす。
3.「味噌クリームシチュー」の残りを加え、混ぜ合わせる。鮭は身をほぐしながら、混ぜ合わせる。(この時、ジャガイモを一緒に炒めると崩れてしまうので、付け合わせ用にとっておく)
4.水分がなくなってきたら、豆乳を加える。押し麦が豆乳を吸ってちょうどいい固さになったら完成。(固さは豆乳の量で調整)
5.皿に盛り付けて、黒コショウを振る

●今回の節約ポイント

・野菜高騰の影響を受けない食材を選ぶ
・食材を「ちょい足し」して翌日の朝食にアレンジ
・安価な雑穀を使って時短&節約

■まとめ

今回かかった食費は540円です。寒くなると食べたくなるシチューも2つの材料だけで、しっかりボリュームのある1品に仕上がります。高騰している野菜を無理に購入するより、きちんとその場でジャッジして、材料の代用を考えられる力を身につけることが大切です。また、リメイクレシピを増やせば、材料の節約ができて料理の手間も省けます! 楽しみながらチャレンジしてみましょう♪

【今回かかった金額】

食費 540円
光熱費 15円

〈内訳〉

味噌クリームシチュー

 鮭 240円
 ジャガイモ 100円
 ホワイトソース缶 120円
 その他調味料 10円

雑穀のリゾット
 
 押し麦 10円
 豆乳 50円
 その他調味料等 10円

(須賀いづみ)

★次回の『節約ダイエットレシピ』は11月5日(土)更新予定です。お楽しみに!

バックナンバーはこちら