2時間で焼き上げる、簡単無添加シトラスピールパン

写真拡大 (全5枚)

自宅で気軽に作れるのにパン屋さんの仕上がり! 2時間で焼き上げる簡単レシピ「柑橘ピールの丸パン」の作り方。

皆さん、パンをつくるのは難しいことだと思っていますか?

クロワッサンやフランスパンは確かに難易度が高いパンだと言われていますが、シンプルな丸パンは初心者の方でも楽しんで作れます。

添加物を使わずに作れるうえに、たっぷりと具材を混ぜ込めるのも手作りならではの喜びです。旬のフルーツを使ったり、組み合わせを変えればバリエーションは無限大!

ホームベーカリーを買おうか迷っている方は、買う前に一度手ごねでパンを作ってみてはどうでしょう? ご自宅のオーブンで美味しいパンが焼けたら、食生活がワンラクアップしたような気分になれるかも。

<材料>

[柑橘ピールの丸パン]6個分

強力粉 240g

砂糖 大さじ3

スキムミルク 大さじ1と1/2

ドライイースト 小さじ2

溶き卵 40g

水(30度くらいのぬるま湯) 110cc

塩 小さじ1/2

バター 45g

オレンジピール 60g

レモンピール 60g

塗り卵 少々

グラニュー糖 大さじ1と1/2

<How to Cook>

計量をする

強力粉を計ったら半分だけボウルに取り分けます。そこにドライイースト、砂糖、スキムミルク、溶き卵を計量したら、30度くらいのぬるま湯をイーストめがけて流し入れます。

ミキシング

木べらでしっかりと混ぜます。とろみがついてきたら残りの強力粉を加え、さらに塩とバターを入れ、木べらで粉気がなくなるまでミキシング。ここではバターの固まりが残っていてOKです。

台の上でこねる

ひとかたまりになった生地を台の上に出したら、バターの固まりをなじませるように台に押しつけるようにこねていきます。生地の向きを変えて、全体をこねてくださいね。最初はベタついていますが、こねているうちにまとまってきますので、打ち粉はせずに頑張りましょう。まとまってきたら、今度はコロコロとV字を描くように転がしましょう。

具材を混ぜ込み

次に生地を広げて、柑橘ピールを全体に散らしたらクルクルと丸めていきましょう。丸めたら、再度全体を広げるようにして、生地に具材を密着させていきます。

一次発酵

具材を入れた生地を丸めたら、ボウルに入れてラップをかけ、一次発酵をとります。(初夏の室温で30分〜45分、温度が低ければもう少しかかります)

生地を分割

少量の強力粉をつけた指で生地に穴を開けて、穴が縮まなければ一次発酵完了です。軽くこぶしで空気を抜いたら、生地を計量しながら6分割してください。分割したら、生地を丸めて10分休ませます。

成形

休ませた生地を成形しましょう。軽く空気を抜いたら、先ほどと同じように生地を丸めればOKですよ。全部丸めたら、天板の上にラップとふきんをかぶせて二次発酵に。

焼成

二次発酵は生地が一回り大きくなれば完了。(初夏の室温で20分ほど、温度が低ければもう少しかかります) 二次発酵をしている間にオーブンを200度に予熱しましょう。二次発酵が完了したら、グラニュー糖を上からふりかけ、好きな形に切り込みを入れてオーブンで10分焼きます。 焼き上がり3分前で前後を返して焼き色を均一に。これで出来上がりです。

こんがりと焼けたパンを割ってみれば、オレンジ&レモンの果肉がたっぷり。あなたも是非トライしてみてくださいね。

(writer/such_@)