<ホテル付きワイナリーからプチ醸造所まで、カリフォルニアが生んだ極上ワインを探そう>(写真:年間15万人が訪れるフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー)

 アメリカ屈指のワイン産地であるカリフォルニア州ソノマ郡。その中心に程近いブエナ・ビスタ・ワイナリーは、カリフォルニア最古の商業ワイン醸造所で、アメリカの近代ワイン産業の発祥の地として知られている。

 歴史的なワイナリーの見学(とワインの試飲)にワクワクしながら建物に足を踏み入れると、フロックコートにトップハット姿の男性が現れた。「ようこそ。私はオーゴストン・ハラスティー伯爵です」

 筆者のうさんくさそうな視線を無視して、「伯爵」は話し続ける。「ここでは食事に合うワイン造りを心掛けています。エレガントなワインですね。ブドウの成分を抽出し過ぎたり、オークの香りが強過ぎたり、アルコール度数が高過ぎてはいけません。特別なワインには家族の名前を付けることもあります。エレノラ・シャルドネは私の妻の名前から付けました」

 ハンガリーから移住してきたハラスティー伯爵が、ソノマに石造りのワイナリーを造ったのは1857年のこと。翌年には『カリフォルニアのブドウとワインに関する報告書』を執筆して、カリフォルニアにおけるブドウ栽培とワイン造りの実践的なアドバイスを記録。この事業を州全体に広げるべきだと提言した。

 それから150年以上たった今、伯爵の提言は見事に生かされている。今やカリフォルニアは世界最大のワイン産地の1つであり、生産量は年間30億本に達する。一番有名なのは隣のナパバレーだが、ソノマも上質なワインを送り出している。

 さらにここ10年ほどは、観光地としてもソノマの人気は急上昇中だ。もともとサンフランシスコから車で1時間ほどと交通の便がいいことに加えて、試飲室やレストランを設け、直販に応じるワイナリーが増えたことが大きな魅力となっている。

【参考記事】イベリア半島にたたずむ家族経営の隠れ家ホテル

州外では買えない極上品

 ブエナ・ビスタにも立派な見学ルートがあったが、次に訪問したフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーはもっとすごかった。映画監督のコッポラが所有するこのワイナリーにはレストランや試飲室はもとより、博物館やプール付きのホテルまであり、年間15万人が訪れるという。

 筆者も試飲室に入る前に、コッポラ作品の思い出の品に見入ってしまった。『ゴッドファーザー』で使われたドン・コルレオーネのデスクや、『ドラキュラ』でドラキュラ伯爵が着ていた甲冑(かっちゅう)などだ(下の写真)。

magc161022-02.jpg

George Rose/GETTY IMAGES

[2016.10.18号掲載]

グレアム・ボイントン