一生分のデータが保管できるスマホ用ストレージ 台湾企業が開発

写真拡大

スマホの中の写真や音楽ファイルがいっぱいになり、ストレージが足りないと度々通知される煩わしさは、多くの人が経験しているだろう。6人の台湾人も同じ問題にぶつかり、それをビジネスにしようと考えて設立したのがNextDrive社だ。メンバーの一人は、かつて米企業でUSBチップを設計していたが、スマホやタブレット端末からジャックが減っていくのを見て将来に不安に感じたという。

昨年10月、彼らは画像や音楽ファイルを保管できる電気プラグを94.1ドル(約9,700円)で売り出した。ユーザーはスマホから専用アプリを通じて、余分なファイルをWiFiや3G、4G回線でプラグに送れる。

CEOのイェン・ジョーユエン(顔哲淵)によると、同製品は発売後1年で1万台が売れ、20〜30%の利益を計上した。イェンは「スマホユーザーは、余計な物をなるべく持ち歩きたくないと思っている。だから私たちはコンパクトな電気プラグ型のデバイスを開発した」と語った。

NextDriveは最初、スマホのデータが保管できるワイヤレスのSDカードリーダーを開発した。しかし、ユーザーは持ち歩くのを面倒がった。Nextdriveはクラウドストレージも検討したが、インターネットのスピードや、無料で使える容量に制限があることを懸念したという。

電気プラグと一体化した長方形の黒いデバイスには、スマホからあふれた写真や音楽ファイルを保管できる。保管容量は24テラバイトで、一生分のデータに対応できると言える。また、デバイスにはUSBポートもついているので、他のデバイスとのデータのやり取りも可能だ。

ユーザーからは、iPhoneアプリのアップデートが遅すぎるとの不満も寄せられているが、イェンは「ほとんどの人が製品を評価してくれている。そうでなければ1万台も売れないだろう」と語った。

同社は今年の終わり、新製品NextDrive Cubeの日本での発売を計画している。NextDriveは日本でデザイン賞を受賞し、通信会社の現地パートナーを見つけた。後は規制当局の承認を待つだけだ。

Cubeはスマホのファイルを保管できるだけでなく、センサーとカメラが搭載され、物体の動きや気温、湿度を記録できる。製品の想定価格は3,970台湾ドル(約1万3,000円)で、クラウドファンディングで資金を調達し、来年は20万台の販売を見込んでいる。