折りたたみ自転車でサイクリング&グルメを堪能できる特別列車

写真拡大

京浜急行電鉄(東京都港区)とファビタ Pacific Cycles Japan事業部(横浜市、以下PCJ)は、自転車をそのまま電車に積み込める特別列車「京急サイクルトレイン powered by Pacific Cycles Japan」を2016年10月23日に運行する。

5月に第1回を実施し大好評であった「京急サイクルトレイン」の第2回目となる。電車・自動車・バス・飛行機など様々な公共交通機関と組み合わせて使用可能なFolding Bike(折りたたみ自転車)を取り扱っているPCJと、サイクリストの誘致を積極的に行っている三浦半島と品川・横浜を結ぶ京急電鉄がコラボレーション。PCJが取り扱っている4つの自転車ブランド限定で参加できるサイクルトレインを運行する。

始発の品川駅のほか神奈川新町駅でも乗降が可能で、横浜周辺の人も参加しやすくなった。また、PCJ取り扱いの自転車を持っていなくても折りたたみ自転車をレンタルすることで参加が可能だ。さらに、参加費用(6500円)の中には三崎のまぐろが食べられる食事券が含まれており、美味しいグルメも堪能できる。

その他、当日はスペシャルゲストとして初代ミニベロ親善大使で俳優の石井正則さんが参加する。

参加申し込みは先着順で、WEBサイトにて10月10日午後6時まで受付。募集人数140人。