メモリー+ストレージ容量ごとに2モデルを用意

写真拡大

スマートフォンなどモバイル機器を手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、LTE対応のSIMフリータブレット「MediaPad(メディアパッド) T1 7.0 LTE」2モデルを2016年10月21日に発売した。

シンプルながら必要な機能を搭載

15年7月発売のWi-FiモデルをベースにLTE対応を実現。下り最大150Mbpsの高速通信が可能で、シンプルながら必要十分な機能を搭載したリーズナブルな価格設定が特徴。

薄さ約8.5ミリ、重さ約278グラムで携帯性に優れるボディに、美しく透明感があり、高コントラストで明るく見やすい7型IPS液晶ディスプレイ(1024×600ドット)を搭載する。

OSは「Android 6.0」をプレインストール、独自のユーザーインターフェイス「Emotion UI 4.0」を搭載。プロセッサーはクアッド(4)コア「A7」を採用。容量4100mAhバッテリー内蔵に加え、独自の節電技術による長時間利用を実現。SIMスロットはmicro SIM×1。

メモリー1GB、内蔵ストレージ8GBで、オンラインストアおよびMVNO(仮想移動体通信事業者)限定モデルの市場想定価格は1万980円(税別)、カラーはシルバー。メモリー2GB、ストレージ16GBの一般モデルは市場想定価格1万4980円(同)、カラーはゴールド。