純丘曜彰 教授博士 / 大阪芸術大学

写真拡大

 時代劇、それどころか歴史の教科書ですら、小田原藩、みたいな表現が出てくる。ところが、じつは江戸時代、「藩」なんて無かった。あれは、明治時代になってできた行政区分。もちろん地方としての「国」はあったし、大名はいた。だが、奈良平安の律令制のように、一国一国司ではなく、鎌倉室町を経て、もはや国とは名ばかりの、それぞれの村ごとに異なる不在領主がいる荘園の寄せ集め。むしろ戦国大名の方が、現代の県のように、力ずくで地域一円を面で支配していた。しかし、そんな状況を放置していたら、いつまた地方から反乱軍として蜂起してくるかわかったものではない。そこで、幕府は、それぞれの大名の知行地を寸断し、あえてまた全国ばらばらに再分散してしまったのだ。


 まず幕府は、全国各地の要所を「御料」、いわゆる天領にした。江戸や大坂、京都・奈良の大都市のほか、長崎、伏見、堺、下田、清水、駿府、山田(伊勢)、佐渡などに遠国奉行を置き、その他、全国の約15%の村々や港湾、鉱山などを公領として幕府の収益に充てた。また、全国に張り巡らされた主要街道と宿場も、直轄。道中奉行ないし勘定奉行の支配とされた。逆に言うと、大名家領の中心の城下町の中まで幕府直轄の街道が貫いて通り抜けている。


 やくざ者などが都市部や宿場町にたむろったのも、地元の大名家が手を出せないから。城代が武器を持った大勢の家来を連れて宿場町に乗り込み、大捕り物を繰り広げる、なんていうことは、ありえなかった。そんなことをすれば、天下の町・街道を堰き止め、騒ぎを起こすとは、幕府に叛意あり、として、お取り潰し。そのくせ、幕府は、町の整備、街道の道や橋の普請(補修修理造営)は、大名たちを無償で駆り出し、浪費を強いた。


 さらに、どこの大名家領の中にも、やたら数多くの寺社がある。おまけに、これらがそれぞれにどでかい寺社領の村々を保ち、門前町まで持っている。ところが、これらの村や町も、大名ではなく、それぞれの寺社の支配下にあり、本山末寺制度で、最終的には幕府寺社奉行が管理。大名は、これらの領域に手を出せなかっただけでなく、城下領内のあちこちに幕府に筒抜けの監視機関があるようなもの。


 山林についても、所有権は、禁裏、御料林、大名家領、寺社領、村落入会地と、ばらばらのぐしゃぐしゃ。境界もあいまいなところばかりで、へたに手出しできない。それも、戦国時代までのでたらめな木材と燃料の大量消費によって、実際はもはや荒廃した急斜面の禿げ山が延々と広がっているような惨憺たる状態。これがしょっちゅう山崩れ、土石流などの大災害を村々や河川、街道に引き起こした。それで、山林は、まとめて地元の大名家にお預け支配とされたものの、実質的には一切の立入伐採が幕府に禁じられ、むしろその植樹防災対策だけが大名家の責務となり、まったくのひどいお荷物。


 結局のところ、大名家領などといっても、御料、街道、寺社、山林を除いた村々のみ。虫食いの穴だらけ。それも、転封になると、以前に封じられていた地方に領地が残ってしまったり、相続で親族分割したら、一方が改易になって、領地がちりぢりきれぎれになってしまったり。逆に、重ね重ねの養子縁組とお家断絶で、わけのわからないところの領地が転がり込んで来てしまったり。だが、これらの総計合算で大名家の石高としての格が決まるから、どんな小さな、面倒な領地でも手放すわけにはいかない。


 かくして、全国各地に飛び地がいっぱい。それぞれに代官を派遣して管理しないといけない。遠方となれば、代官所の維持連絡だけでも莫大な費用がかかる。それも、飛び地が他家領の中にあるとなると、そこへの往来もままならない。武装した他家家中の者が自家領の村を通るのを黙認する大名などいないから、毎度、相応のご挨拶が必要になる。逆に、自領の中のあちこちに御料だ、街道だ、寺社だ、他家飛び地だのがあるものだから、うかつにあれこれのことはできず、道路・水路の改修など、ちょっとしたことをするにも、あちこちにお伺いを立てて、あらかじめご理解をいただかないといけない。


 とくにひどいのは、河内、現大阪府東部。ここは、平安時代末以来の古い荘園の歴史的ななごりもあって、村ごとに領主がばらばら。小田原で負けて飛ばされてきた後北条家(早雲末裔)がぎりぎり1万石の大名として狭山陣屋を中心に二十村あまりを持っているのと、大阪定番として旗本から大名に格上げになった高木家1万石が丹南陣屋(現松原)のあたりに二十村あまり。それ以外は、幕府御料、旗本領、京都守護職役領、大久保家(小田原)飛び地、土岐家(群馬県沼田)飛び地、石川家(茨城県下館)飛び地、松平越智家(群馬県館林)飛び地、などなど。関西警護の意味もあったのだろうが、さして収益もない小さな村のために関東からわざわざ代官を派遣しなければならないのだから、まったくムダな手間でしかない。


 さらに言えば、じつはそれぞれの村に関しても、同じようなちりぢりきれぎれの飛び地だらけ。水利や新田の開発が入り組んで、自分の村としての利権があちこちに絡み合っている。当然、村同士の争いが起こる。これらを代官が処理しなければならないのだが、それが他家領内の村との諍いとなると、さらに大ごと。御重役方々が行ったり来たりして、穏便に解決しないと、両家ともお取り潰しにされかねない。


 だれがどう考えても、むちゃくちゃに効率が悪い。だが、幕府がわざわざそうしたのだ。どの大名も、どの村も、効率的になど動けなくしたからこそ、江戸幕府は三百年ももった。このわけのわからないムダに対処するために、各大名家は大量の役方(事務職)武士を抱え続けた。なんの役に立つのやらわからない仕事のために、武士たちは命を削り、全国を走り回り、あれこれの書状に書状を重ねて働いた。根回し、接待、御承認。だれもがみんな忙しすぎて、日々のやりくりに追われ、乱を思う暇も無い。そして、倒幕は、なんの仕事の無い、暇すぎる郷士・浪人が企てることになる。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大 阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門 は哲学、メディア文化論。著書に『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)