trend_20161021131915.jpg

写真拡大

カス丸 はーい、ボク、カス丸きゃすう。前週の「秋華賞」は大荒れで、競馬ビギナーのボクにはちょっと難しかったじぇい。

カスヨ そうねえ、1、2番人気がふっとんじゃったわねえ。昔からオンナの扱いは難しいっていうでしょ。牝馬戦は難しいのよ。でも、今週は大丈夫かも。カス丸にも当たるチャンスが来たわよ。

勝てないディープ産駒、血統の違い

カス丸 菊花賞、3歳牡馬(オス馬)最後のクラシック。ホントに当たるきゃすか?

ガジュマル爺 京都競馬場。距離は3000mと長いぞ。長距離血統でないと勝てん。おそらく1番人気はサトノダイヤモンドか、ディーマジェスティ。この2頭じゃな。

カス丸 2強?2頭とも買えば、単勝も馬連も当たるきゃすか?

カスヨ そう単純じゃないわね。サトノダイヤモンドは、皐月賞3着、ダービー2着とあと一歩、優勝を逃してるわね。ディーマジェスティは、皐月賞優勝、ダービー3着だったわ。優秀ね。でも2頭の父は同じディープインパクトなのね。菊花賞ではディープ産駒は優勝したことがないのよね。

ガジュマル爺 まずは、そこじゃ。京都競馬場というのは、向う正面で坂を上り、3コーナーからダーッと下り、4コーナーを曲がってゴール。この長い坂の上り下りを2回もやねばならん。どうもディープの子どもたちは、これが苦手なのかもしれん。

カスヨ 基本的に2400mあたりまでがいいのかもね。でも、この2頭、父は同じでも母側の血統がちょっと違うのね。ダイヤの方は、どうも長い距離が苦手みたいね。逆にディーは長い方が合ってるようだし、このあたりの明暗が出るかもしれないわね。それに菊花賞はダービーより、皐月賞を勝った馬の方が活躍するというデータもあるしね。でも、ディーには関東からの輸送があるわ。

カス丸 血統でレースに影響があるの?

カスヨ ある程度はね。でもね、この2頭、9月のトライアルレースを勝ってきているし、強いのは誰しも認めるところだわね。

ガジュマル爺 わしはダイヤが◎じゃ。デビューした時から、この馬が一番強いと思っとったわ。俗に、皐月賞は「速い馬」、ダービーは「運のある馬」、菊花賞は「強い馬」が勝つといわれとる。ダービーで落鉄(蹄鉄が外れて、裸足で走っている状況)したにもかかわらず、2着にがんばったのは強い証拠じゃ。3冠最後はダイヤがとるのは間違いない。距離も2400mで勝っているし、心配ない。追い切りも万全だし、大丈夫じゃ。

カス丸 ガジュマル爺は自信たっぷり。でも、カスヨ姉さんの◎はカフジプリンスだよ。どうして?

上がり馬で要注意はどれなのか

カスヨ 2強はね、年内にもう一回、レースに使うはずなのね。となると、今年最後のレースじゃないってことは、100%万全の態勢じゃない気がするわ。で、1番カフジプリンスなんだけど、最後はいつもしっかり伸びてくるレースをしているわけ。長距離も大丈夫。トライアルの神戸新聞杯は4着だったんだけど、ゴール前の伸び方は一番ね。それにカフジにとって、今回が今年最後のレースだと思うのよね。120%の力を出して来るわよ。

カス丸 ほかに強いのはいないきゃすか?

ガジュマル爺 菊花賞は皐月賞やダービーを使った春の実績馬と、夏にたくましく成長してきた上がり馬(調子が上向いている馬)との戦いでもある。ポイントは成長力の見極めじゃ。わしが○印を打ったのは、2連勝中の4番シュペルミエール。これまで3勝していることに加えて、デビュー以来2000メートル以上の長い距離しか使ってこなかったのがいい。あとは、春のG気2強と争ったエアスピネルじゃな。しいて、あとの上がり馬であげるとすれば、17番ジュンヴァルカンあたりかのう。これも連勝中じゃ。10番ウムブルフも連勝中じゃが、こっちはディープ産駒ということで人気先行の臭いがするのう。

カスヨ 菊花賞は神戸新聞杯組が強いのよ。優勝はダイヤだったけど、2着ミッキーロケット、3着レッドエルディスト。この2頭も侮れないわよ。

カス丸 2強がいるのは、この前の秋華賞と同じだけど、秋華賞と違って両方ともあまりマイナス点がないきゃすう。この2頭だね! ◎は皐月賞を勝ったディーマジェスティ、○サトノダイヤモンド。それでは倍率どん!23日正午現在、サトノダイヤモンド2.5倍、ディーマジェスティ3.5倍、カフジプリンス11.9倍。単勝、馬連。今週こそは絶対に取るじぇい!