便秘が関係して頭痛や肩こりが起きることもあります

写真拡大

食品やサプリではなく椅子が効く!?

 便秘について改めて考えるにあたり、関連情報を探してみたところ、複数のニュースサイトが「スクワティ・ポティー(Squatty Potty)」について報じていた。
これは座って姿勢を変えるだけで便秘に効くというふれこみの椅子で、米国では大評判。売り上げ18億円超の大ビジネスとなっているようだ。便秘に限定して考えれば、サプリの類ではなくグッズである点が新しい。

 上記商品の日本上陸は現時点では未定で効能のほども定かではないが、日本でも便秘に効くとうたうクスリやサプリの広告は日に何度も目にする。それほど便秘に悩む人が多いということでもある。

 すべての病気にいえることだが当事者以外にその辛さを理解させるのは難しい。とくに便秘や肩こりあたりは当事者の数が多く、悪くいえばありふれているし、軽い症状で済む人もいるので余計に困難だ。

周囲の人に悩みを理解してもらえない

 便が出ないだけで何が困るの?
 下痢よりましでしょ?

 といった症状に関する誤解がある。さらに、

 野菜を食べてないんでしょ?
 運動してないんでしょ?
 「生活習慣」のせいなんでしょ?
 つまり「自己責任」でしょ?

 とまあ、ここまでエスカレートする例は稀としても、無理解も多いはずだ。

 そもそも便秘とは、便中の水分が少ないため硬くなったり、便の通り道である腸管が狭くなることで、排便が困難または回数が著しく減った状態のことである。日に1回から2回の排便があるのが通常だが、仮にその頻度が多少低くても本人が特に苦痛を感じない場合は便秘とはみなされない。逆に毎日排便があっても硬い便で量も少なく残便感があったり、排便そのものに苦痛がある場合は便秘とされる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)