『永い言い訳』 (C) 2016「永い言い訳」製作委員会

写真拡大

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和が原作・脚本・監督をつとめ、本木雅弘が『おくりびと』以来となる映画主演をはたした『永い言い訳』。現在公開中のこの映画に寄せられた、本木演じる主人公と同姓同名の鉄人・衣笠祥雄氏による応援メッセージ動画が到着した!

[動画]本木雅弘扮する主人公と同姓同名の鉄人・衣笠祥雄氏が映画『永い言い訳』に応援メッセージ!

本作は、人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがさ・さちお)が、長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失ってしまうところからはじまるストーリー。主人公の幸夫は、鉄人・衣笠祥雄と同姓同名であることにコンプレックスを抱き続けている、歪んだ自意識の持ち主という設定だ。

劇中でも、妻の夏子が自分の本名を呼ぶことにイライラを募らせ、「連続試合出場数の世界記録を作った野球選手と同じ名前で生きて見ろよ。俺はあの名前でいる限り、永久に鉄人・衣笠祥雄のまがいものでしか有り得ないの」と言い出す場面があったりするほど。そんな様子について、ホンモノの衣笠氏が語っているのが、この動画というわけだ。

実はこれ、広島出身で幼い頃から熱狂的なカープファンの西川監督が思いを寄せる生きる伝説・衣笠氏より、映画の公開記念の関係者打ち上げで西川監督へのサプライズとして披露された応援メッセージ。

憧れの人からの温かいエールに西川監督は「自分の映画の打ち上げで泣いたのは初めてです」と感極まり思わず涙。映像では、主人公との同姓同名なことについて「飛び上がりそうになった。何かの時に言われるよね。確かに嫌だよね。はじめて気がついた」と冗談交じりで話す衣笠氏の姿も。また同氏は「1人でも多くの人に見ていただいて、自分の内面を振り返ってもらえたらと思います。大ヒット、心よりお祈り申し上げております」と賛辞を送っている。