“電卓女”の郷間彩香を演じる松下奈緒

写真拡大

松下奈緒主演ドラマ「土曜プレミアム『特命指揮官 郷間彩香』」が10月22日(土)夜9時からフジテレビ系で放送される。オンエアに先駆け、完成したばかりの作品を見た原作者の梶永正史より感想が届いた。

9月には湊かなえ原作ドラマに出演した松下奈緒

警視庁の“電卓女”と奇想天外な犯人集団の対決が人気となり、'13年度第12回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した同作。当時から映像化が期待されており、今回待望のドラマ化が実現した。松下、鈴木亮平、稲垣吾郎ら豪華キャスト陣が、スケール感たっぷりの作品を作り上げた。

梶永は「撮影現場に伺った際、出演者の方々は物語の背景や解釈を考えながら表情を作り、納得がいくまで何度も撮り直されているのを目の当たりにしました。私が稚拙な言葉をいくら紡いでも伝わらないことを、一瞬の表情で表現されていて、これが映像の力か、と感動したのを覚えています」と、松下らの演技の素晴らしさを語った。

また、「本ドラマは著者ですら予想外の展開、そして何より俳優の方をはじめとした制作スタッフの方々が真心を込められた作品ですので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを寄せた。