北野武

写真拡大

21日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、東国原英夫氏が、北野武の紫綬褒章辞退の“本当の理由”を明かした。

番組では「東国原が話題の北野武に『天狗になってます』発言」と題し、ある記事を取り上げた。記事によれば、北野がレジオンドヌール勲章を受賞した際に「俺は黒澤明を超えた」とコメントしていたそうで、これに東国原氏は「ちょっと天狗になってます」と苦言を呈したのだという。

この記事についてスタジオの東国原氏は、自身の発言が「リップサービスだった」「文字にすると恐いな」「失敗したなぁ」と、「天狗」発言を後悔する様子をみせていた。

一方で東国原氏は「紫綬褒章を断ったってことも(この記事に)出てるのかな?」と切り出し、北野がかつて紫綬褒章を辞退した際の、本当の理由を語りだした。

東国原氏は記事の中で、北野の紫綬褒章辞退理由を「賞金が出ないから」と話していた。ところがこれは、東国原氏によるウソの理由だったそう。

「本当の理由は伝えづらいですよね」と、渋りながらも東国原氏は「天皇皇后両陛下の、公務を増やしたくない」という思いが北野にあったのだという。そして東国原氏は「それを言うと、絶対こういう美談ってカットされるじゃないですか。だからボクがアレンジした」「申し訳ない」と、あえてウソをついていたことを明かし、謝罪した。

【関連記事】
東国原英夫氏が都議会議員の音喜多駿氏を激詰め「イチから出直せ」
東国原英夫氏 鳥越俊太郎氏の都知事選に落胆「ガッカリしました!」
元大阪府知事・太田房江氏 東国原英夫氏に泥酔エピソードを暴露され「NO」