レトロモダンだよ、ワトソン君!ホームズのトレードマーク満載な電子パイプ

写真拡大 (全8枚)

 

19世紀末に活躍した架空の私立探偵シャーロック・ホームズ。彼のトレードマークといえば、パイプが思い浮かぶ。

「もしも、ホームズの活躍する時代が現代だったら」彼がくわえるパイプは、こんな感じかもしれない。

創業150周年を祝いデザインされた電子パイプ

韓国・国民大学校Jong Hyuk Baeさんのデザインコンセプト“Holmes for Peterson of Dublin”。

シャーロック・ホームズコレクションを発売する、アイルランドのパイプメーカー・ピーターソン社の創業150周年を祝い、次世代の提案として設計された電子パイプである。

Behance/Holmes for Peterson of Dublin

鹿撃ち帽をデザインに融合

ホームズのもう一つのトレードマークが、ディアストーカーハット(鹿撃ち帽)。

つばが前後にある帽子のラインを、象徴的なデザインとしてボウル部分に取り入れ、レトロモダンな電子パイプを完成させた。

Behance/Holmes for Peterson of Dublin

パイプの魅力を気軽に味わう

従来のパイプよろしく、LEDインジケータが呼吸に合わせタバコがじっくり燃焼していく過程を演出。

味の深さは、ボウルに設置された+-のパッドで調整可能だ。火加減やメンテナンスなど気にせず、パイプの魅力を気軽に味わうことができる。

Behance/Holmes for Peterson of Dublin

マウスピースは引き出し式

吸い口のマウスピースは、衛生面を考慮してダイヤルを回す引き出し式を採用した。

Behance/Holmes for Peterson of Dublin

未使用時には格納されるため、スタイリッシュなフォルムにも一役買っている。

Behance/Holmes for Peterson of Dublin

クレードル・ドック(充電ドック)のデザインにも手を抜かない。充電中はパイプが宙に浮かぶ演出。

全体的にスタイリッシュなデザインに仕上がっている。

Behance/Holmes for Peterson of Dublin