写真提供:マイナビニュース

写真拡大

音楽&オーディオライター・田中伊佐資が雑誌『Stereo』(音楽之友社)で連載している「ヴィニジャン〜アナログの壺」がムック化された『オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記』(2,200円/税別)が19日、発売された。

オーディオ実践書、バイヤーズ・ガイド、レコード案内本の要素が入り交じった本著。興奮できるレコード再生を志向する田中が、心動かされたことに興味本位で突撃体験する様子が記されており、「オーディオとレコードをめぐる旅もの」として楽しむことができる。「旅」の記録の中には、レコードやオーディオに打ち込むマニアが多数登場。さらに、オーディオやレコードジャケットなど取材時の写真400枚以上を掲載している。

著者は、「僕はカブトムシにまったく興味がないですが、カブトムシを何年も長生きさせる秘伝を知っている達人に飛騨の山奥へ踏み込むという物語があるなら、読んでみたい」と前置きした上で、「この本は、レコード好き、オーディオ好きに読んでもらいたい」としながらも「対象がなんであれ、仮に興味がないことでも何かに向かってがむしゃらに突撃していくドキュメンタリーって結構それなりに読めるもんですよ」とアピールしている。