「Bad Moms」の一場面 写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

 今年7月に全米公開され、大ヒットを記録したR指定コメディ「Bad Moms」のスピンオフ「Bad Dads(原題)」が製作されることがわかった。

 米STXエンタテインメント製作、「ハングオーバー!」シリーズの脚本家コンビ、ジョン・ルーカス&スコット・ムーアが監督した「Bad Moms」は、完璧なママを目指して疲れた女性たちが、ハメを外して大騒ぎする爆笑コメディ。ミラ・クニス、クリステン・ベル、キャスリン・ハーン扮するママたちが、PTAを仕切るクリスティーナ・アップルゲイト、ジェイダ・ピンケット・スミスら高飛車なママたちとバトルを繰り広げるという内容で、製作費2000万ドルに対し、世界興収1億7000万ドルを記録した。

 米ハリウッド・レポーターによれば、STXエンタテインメントは「Bad Dads(原題)」を2017年7月14日に全米公開すると発表。キャストはこれから明らかになる。

 STXエンタテインメントは今後、“バッドママ&パパ”シリーズを拡大させる意向だ。通常、各スタジオは1作目がヒットするとさらに予算を投入し続編を製作するが、そうした続編は大抵の場合、前作より興収が低いことから、同社はスピンオフ映画だけでなく、リアリティ番組、短編動画、消費財など、さまざまなプラットフォーム展開を目指しているという。