Running Clubアカデミーの田幸コーチ(右)

写真拡大

2016年4月に開校したDeNA Running Clubアカデミー。

箱根駅伝に挑戦したアスリートの「第二の人生」について聞いてみた

DeNA というと瀬古利彦総監督率いる実業団のトップチームとして有名だが、その下部組織が中学生と小学生を対象としたDeNA Running Clubアカデミーである。

長距離選手育成のための実業団による下部組織チームはDeNA以外の例を見ない。

日本の長距離が世界で戦えなくなって久しい中、小学生・中学生世代を対象としたDeNA Running Clubアカデミーがどのような目的やビジョンを持って活動しているのか?どのようなことを意識しながら指導しているのか?今回はRunning Clubアカデミーの田幸ヘッドコーチに話を伺った。

※DeNA Running Clubアカデミーの姿を2回にわたって掲載、VOL.1はU-15を中心に紹介します。

DeNA Running Clubアカデミーが生まれた背景

ーDeNA Running Clubアカデミーが生まれた背景を教えていただけますか?

田幸:これまで実業団と大学の陸上部において世界の舞台で戦う選手を指導してきた中で「大学を卒業し実業団で預かってからの10年間という期間の中だけで、世界で戦っていくことに限界があるのではないか?」と感じてきました。

世界で戦っていくためには、もっと広く、深く指導する方法はないのかと考えるようになりました。

その方法論として、下(ジュニア)からの育成で一貫した指導を行うことで世界への扉が開けるのではないか、ということがアカデミーをスタートした理由です。

縦割り指導による強み

-これまで実業団や大学生を中心に指導されてきたわけですが、U-15の指導と違いを感じる部分はありますか?

田幸:実業団や大学での指導というのは、中学・高校あるいは大学である程度完成した選手をどう伸ばすかということが主体でした。

DeNA Running Clubアカデミーでは、選手としてある程度完成する前に出会うことにより、選手の成長過程を理解しながら指導することができることが大きな違いです。

また、中学・高校・大学などの世代で区切られるのではなく一貫した縦割りの指導ができるということが強みになると思っています。

-「縦割り指導」についてもう少し具体的に教えてください

田幸:中学生男子は身体的に大きく成長します。すでに出来上がった状態しか知らずに指導するのと、身体の成長に合わせて、動き(走り方など)が変わっていくときに、どのようなキッカケでその選手が変わったのか知っているということは、それを直すべきなのか、伸ばすべきなのか考える判断材料になると思います。

アカデミーの強みの一つは、選手の成長過程を長期間に渡って見ることができることだと思っています。

体力や技術の部分を含め、性格や精神面、競技への考え方やそれぞれの課題に関しても、じっくりと指導できることは指導者にとって大きな強みです。

親御さん以外で、その子の成長を知っている存在がいることは選手にとって非常に重要な事だと思います。

例えば走り方の癖などは、長い時間をかけて選手自身も知らず知らずのうちに身に着けてしまうものです。

より強くなるためにその癖を直そうと思ったとき、その発生の過程や経緯を知っているかどうか、ということは指導者にとってとても重要です。

大人になって出会ってから本人や過去の指導者に聞いても、わからないことがあったりするのです。

本当に強い選手に育てるのであれば、直さなくてはいけない部分は直さなくてはならないし、今は直さず先送りするなら、先送りできるシステムができていることが必要だと思います。

アカデミーでの一貫指導では、いまはまだU-12,U-15しかカテゴリーがないですが、いずれより広範囲の世代に広げた際には、それが可能だと考えています。

-各学校の陸上部との棲み分けについてはどのように考えていますか?

田幸:自分自身も中学校・高校の陸上部、そして大学では箱根駅伝という中で成長してきましたので、それぞれの良さを知っています。

アカデミーは中学・高校の陸上部と別の存在として活動するつもりはありません。むしろ学校の陸上部と共に選手の成長を高められる方法があると信じて、共存を目指しています。

どこに本当の目標を置くかで、今やるべきことが見えてくる〜U-15が目指す頂〜

-U-15という成長過程の選手に対して指導上意識していることを教えてください。

田幸:はい、中学生は成長(身長や体重の増加)の過程で、その成長に身体の使い方が追い付かず、これまでと同じように身体が動かないという現象が起こることがあります。

つまり、成長してゆく自分の体のサイズにあった体の動かし方がわからず、混乱してしまうのです。

基本的な体の使い方を早い段階から指導することで、成長してゆく自分の体との付き合い方を改めて身に着けてもらうことを目指しています。

縦割りの一貫した指導の強みは、成長の過程をずっと知ることができる点にあり、それは指導をする上で必要な情報であることは間違いありません。

アカデミーはまだスタートしたばかりですから、こういった一貫した指導による効果については、現段階でお伝えできることはありませんが、長距離界の今後の底上げに繋げるためにもこれから発信してゆければと思います。

取り組みとしては10年スパンくらいの長い目で捉えてゆきたいと思います。

-では、選手に意識させていることはありますか?

田幸:今後、アカデミーでは選手のモチベーションをあげていくためにも様々な大会に出ていくことも視野に入れています。

ただ、アカデミーで目指しているのは、目の前の大会ではなく、もっと先を見ています。

そのために、今、何が必要なのかということを選手には伝えて指導しています。まず、中学での競技成績だけに目標を置いてはいません。

どういう結果であっても、将来的にトップになることをイメージして指導していますので、瞬間の結果は追わないようにしています。

その瞬間の結果を追わない代わりに、先々に向けて今は何をしたらいいのか、何を改善したらいいのか注意していくことが大切だと思っています。

つまり、大会で負けた選手に対して、その結果に対しての指導ではなく「本当に勝たなきゃいけない試合はここじゃないよ」と提案できることが、アカデミーならではの指導だと思っています。

選手はどうしても目の前の大会に対して一喜一憂してしまいがちですが、アカデミーでの指導においては、もっと先の将来のことを考えて声掛けをして選手の意識を高めています。

中学生の選手の成長は目を見張るものがあり、指導者としてもやりがいがある分その限界をみたいと思ってしまう気持ちは、私にもあります。

ただし、当アカデミーでは先の将来を見据えて指導をすることを目指しているので、負けたことが問題なのではなく、その結果を踏まえて今は何をする事が将来の成長に繋がるかを考え、選手に伝えるようにしています。

トップ選手を特別な存在ではないと感じられる環境〜世界で戦える選手の育成〜

-DeNAの実業団選手との交流などはあるのですか?

田幸:はい、DeNA Running Clubの瀬古利彦総監督を始め、DeNA Running Clubアカデミー育成テクニカルダイレクターで東海大学陸上競技部長距離・駅伝監督の両角速先生や、世界のトップで戦うカロキ選手の他、スケジュールさえ空いていれば所属するトップ選手と触れ合う機会があるというのもアカデミーの強みです。

アカデミー生には、刺激を受けると同時に、トップレベルの選手を特別な存在ではなく、身近に感じることで自然と世界を意識できるようになってほしい。

そうすることで選手が目標に対し壁を作らず、高い目標を自然と持てるようにモチベーションをあげること、それが選手個々の可能性の広がりにも繋がってくることを期待しています。

-U-12、U-15以外にもカテゴリーは拡大していくのですか?

田幸:そうですね。U-15の選手が成長し、将来的にはU-18(高校生)のカテゴリーの設置も考えています。

但し、高校の陸上部との関係も出てきますので、その辺はこれから、共に強くなっていけるような環境を整備し関係を構築したいと思っています。

まずはU-12の中からU-15へ、そしてトップチームに上がってくる選手が出てきて欲しいと思いますし、将来的に世界で戦える選手に成長してもらったらいいなという思いはものすごくあります。楽しみですね。


・・・・・

「 DeNA Running Clubアカデミー 」の実際のトレーニング内容も見てみたが、ゴルフや卓球やテニスなどの球技では英才教育による世界での活躍というイメージは持ちやすいが陸上競技、特にマラソンという主に持久力(最近では同時にスピードも)を必要とする種目においてのジュニア世代への特化した指導がどういうものなのか、特化した指導が必要なのかと疑問を抱いていた。

しかし、コーチ陣の話、現場での指導内容を見て、トラックや駅伝の延長線上、または実業団に入ってからマラソンのトレーニングをするのではなく、将来、マラソンで活躍するための基礎を成長過程において身に着けることを重要視したトレーニングであることを知ることができた。

中学生に「本当に活躍したい舞台はどこなのか」を現段階で理解することは難しいかもしれないが、指導者が選手に将来を見せながら指導することは、マラソン含め他のスポーツにおいても強いアスリートを育成する方法論としては納得できるものだった。

トップチームも指導しつつ、現在、指導の幅がU-15(現在は中学1年生のみ)の世代まで拡大して「まだまだ模索しながらやっている」とは言いつつ、その目は世界を常に見据えていた。

※第2回はDeNAランニングアカデミーU-12(小学4〜6年生)の目的と、今後の日本の男子マラソンについて掲載。

DeNA Running Clubアカデミー U-15の詳細は公式HPをご覧ください。

DeNA Running Clubアカデミーコーチ
U-15 田幸寛史(ヘッドコーチ)