突然の地震にも揺るがず、首位タイで決勝へと進んだキム・ハヌル(撮影:秋田義和)

写真拡大

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2日目◇21日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,523ヤード・パー72)>
 本日14時07分に鳥取県中部を襲ったマグニチュード6.6の大型地震。「マスターズGCレディース」を開催しているマスターズゴルフ倶楽部の所在地・兵庫県三木市でも震度3を観測。選手たちのラウンド中に揺れが襲った。
キム・ハヌルの“キレキレ”ダンスはこちら!音量注意!
 
 首位を1打差で追っていたキム・ハヌル(韓国)が15番プレー中に発生した。残り90ヤードから3打目を打とうとしたところだったという。「アドレスに入ろうとしたら(緊急地震速報の)サイレンが鳴って“地震ですー”って。結構長いこと揺れてて。熊本のこともあるし、キャディさんに“こわい、こわい”ってとにかく言ってました。ゆっくり、ゆっくりって自分に言い聞かせて大きく深呼吸したりして」。
 だが、そこは実力者、再開後のこの3打目を1.5メートルにつけて「まだ揺れてる感じがしながら打ちました。今思い返しても怖かったです」と地震のあったホールで何とかバーディを奪うと、次の16番でもバーディ。トータル9アンダーまでスコアを伸ばし、首位タイで決勝ラウンドへと駒を進めた。
 熊本地震の時は「初めて地震の怖さを知りました。地震があった昨日の夜はとても怖くて、思わず大きい声で泣いてしまいました」とショックを受けたがもう大丈夫。「ショットの調子は悪くなかったし、結果にも満足しています。何とか今週で獲得賞金1億円突破と2勝目を達成できるように頑張りたい」。日本で一段と逞しくなったハヌルが、秋の大一番の主役に名乗りを挙げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第34回】
上田桃子、究極の理想は“散歩しているような”ゴルフ
ツアーで見つけた旬ギアネタ【富士通レディース 編】
「マスターズGCレディース」の最新写真を追加!女子プロ写真館