記者は3種類の飲み薬と、坐薬を処方された

写真拡大

2016年10月17日未明、就寝中に背中の激痛に襲われ、痛みに耐えかねて救急車を呼んだ記者(47歳・男性)。搬送先の病院で腎臓結石と診断された。

翌日、救急外来の女性医師の指示通りに総合病院の泌尿器科を訪れた。腎臓結石は6.5ミリの大きさだ。医師の診察の結果は、どうなったのか。

「6.5ミリだったら、自然に出るでしょう」

診察室に入ると、既に医師は症状を把握していた。前夜搬送された病院の「紹介状」を持参したが、そこに診察時の詳しい情報が入っていたようだ。X線によるCT検査で撮影した画像のコピーも見えた。

医師「6.5ミリだったら、自然に出るでしょう」

この言葉は意外だった。救急外来の医師は、「自然排出は難しいかもしれない」と記者に告げていたからだ。だが、複数の医療機関のウェブサイトを見ると、判断が分かれている。一例だが、大阪府立急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科のサイトは、「一般に大きさが5ミリ位までの結石なら自然排石を待ちます」とあるが、東京腎泌尿器センター大和病院は、「一般的には10ミリ以下の尿管結石に対しては自然に排石が可能と考えられており」と、2倍のサイズまで「猶予」を見ている。

記者が、20年ほど前にも腎臓結石を患ったと告げると、医師はこう答えた。

医師「残念ながら、1度かかった人は繰り返す可能性が高いですね」

どうやら「結石ができやすい体質」があるようだ。一方、原因はいまだにはっきりしない。前出の大阪府立急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科のサイトによると、全体の60%は原因不明の突発性結石症だという。それ以外で考えられる原因として「尿の流れを停滞させるような病気や尿路感染、長期に寝たきりの状態など。ほかに、ある種のホルモンの影響で結石ができる場合」とある。記者の場合はいずれも該当しないので、やはり明確な原因は分からない。

では自然排出のための治療法は何か。端的に言えば、「毎日大量の水を飲む」に尽きる。もちろん医師からは、鎮痛薬や「石の発育を抑える薬」「排尿を促す薬」を処方されたが、基本は水分を多く摂取して外に出しやすくする努力が必要だ。目安は「1日2〜3リットル」と指示された。だが水分でも、「飲んではいけない」ドリンクがあるので要注意だ。

コーヒーや紅茶、「枝豆にビール」は超危険

腎臓結石の主な成分に「シュウ酸カルシウム」がある。食品に含まれるシュウ酸は、体内でカルシウムと結合しやすい。シュウ酸の量が多すぎて尿中でカルシウムと結びつくと、体外に排出されにくく、固まりとなって残留しやすくなる。これが「石化」していき、痛みの元となる。

飲料の中で、「シュウ酸を含むため摂取は好ましくない」と医師から指摘されたのが、コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶だ。どうしてもコーヒーを飲みたい場合は、「たっぷりのミルク」を混ぜる必要がある。

ビールもストップがかかった。尿酸値を上げるプリン体が多く含まれているため、結石に悪い作用をもたらす。

実は記者が20年ほど前に腎臓結石を患った際も、「水分を多量に摂取するように」と指示されたが、飲料の種類の制限はなく、ビールはむしろ推奨された。今日では逆の考えになっているので、注意したい。

食べ物では、「湯がいてアクが出るもの」にシュウ酸が多く含まれると医師は話した。例えばホウレンソウやタケノコ、枝豆が該当する。豆類や、カカオ豆が原料のチョコレートも控えた方がよい。「ビールに枝豆」の取り合わせは、腎臓結石に関しては最悪のコンビとなってしまう。

水だけを1日2〜3リットル、毎日飲み続けるのは結構大変だ。記者は開始間もなく、お腹が下痢気味になってしまった。しかも自然排出を待つ間、医師からは「痛みが再発するかもしれません」と残念な宣告があった。

再診は1か月後の予定だ。それまでに、石が無事体から出て行ってくれるだろうか。記者は自分の体と向き合いながら、改めて記事にするつもりだ。