写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とミランティス・ジャパンは10月21日、企業の多様なプライベートクラウドのニーズに対応するため、OpenStack環境のマネージドプライベートクラウドをサービスとして提供する「Managed Private OpenStack as a service」などのグローバル展開に向けて協業することで、10月19日に合意したと発表した。

具体的には、NTT Comが展開するクラウドサービス「Enterprise Cloud」の専有型ベアメタルサーバや、NTT Comのデータセンターで運用されるサーバ機器において、ミランティスのクラウド基盤向けソフトウェア「Mirantis OpenStack」にマネージドサービスを加えた「Mirantis Managed OpenStack」を利用できる環境を2016年度中に提供するため、両社は共同開発を開始する。

同環境の導入により、パブリッククラウドと同様、多様なニーズに応じたOpenStackベースのプライベートクラウド環境を、迅速かつ低コストに導入・利用することが可能になるという。

今後、NTT Comとミランティスは両社の強みを生かし、俊敏性・信頼性・運用管理性・高セキュリティなど、企業の多様なクラウドニーズに対応するOpenStackをベースとしたManaged Private OpenStack as a serviceをグローバルに提供を進めるとともに、運用管理の効率性を高める「Managed OpenStack Infrastructure as a code」の提供を目指す。

(辻)