Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠初期の腹痛は心配ない? 腹痛の種類・流産の可能性・対処法まとめ

写真拡大

妊娠初期によくあると言われる「腹痛」。よくあるとは聞くけれどもやっぱり大丈夫なのかと心配になるものです。

その妊娠初期の腹痛について、痛みの特徴や、心配のないものから流産の可能性まで、さまざまな腹痛についてまとめてみました。

要チェック項目


□妊娠初期の腹痛は、身体が妊娠で変わるせいでおきます
□流産や子宮外妊娠など、心配な腹痛もあります
□腹痛がある場合には少し休憩してみましょう。ひどい痛みなどの場合には受診しましょう

妊娠初期によくある腹痛の原因

一口に腹痛とはいっても、その内容はさまざまです。どんな腹痛があるのでしょうか。またその原因は何でしょう。

原因


・子宮が収縮する
妊娠すると、子宮が着床した胎芽を育てるために収縮することがあると言われています。この収縮のせいで腹痛が起こると考えられます。

・子宮が大きくなる
妊娠すると子宮は赤ちゃんとともに大きくなります。この時に子宮周辺の筋肉やじん帯が引っ張られることで痛みがおきると言われています。

・卵巣が腫れる
妊娠すると身体は赤ちゃんを育てるために必要なホルモンを多く分泌しようとします。そのためホルモンを分泌する器官である卵巣が腫れてしまうことがあります。これは妊娠中に自然と腫れがひくので心配ないでしょう。

・便秘
妊娠初期には女性ホルモンの働きのせいで腸の動きが抑えられ、便秘になりやすくなります。また大きくなる子宮が腸を圧迫することでも便秘になりやすいようです。

・下痢
便秘とは逆に下痢になる人もいるようです。ホルモンバランスが崩れることによるものや、ストレス、身体が冷えたりすることが原因だと思われます。

これらの腹痛は、妊娠したことで身体が変わってくることで起こります。

妊娠初期の腹痛で心配な流産の可能性

すべての腹痛が心配ないというわけではありません。この時期の心配すべき腹痛として、流産の可能性などがあります。

心配な腹痛


・流産の可能性
例えば胎児の染色体異常など、受精卵に問題があることで流産になってしまうことがあります。特に妊娠初期の流産の原因はこのような問題がある場合に多いです。

・子宮外妊娠
子宮以外の場所に受精卵が着床してしまう場合があります。たいていは卵管にに着床してしまっていることが多く、放置すると大量出血を引き起こすことも…。痛みがどんどん強くなる場合は、まず病院に行きましょう。

・絨毛膜下血腫(じゅもうもくかけっしゅ)
胎盤が形成される時、子宮内膜と絨毛膜との間に出血が起こり、血腫ができる場合があります。これが原因で腹痛や出血が起こることがあります。

いずれの場合も、心配な腹痛の場合には痛みがだんだん強くなったり、出血があるなど、普通の腹痛とは違います。この場合は速やかに受診しましょう。

妊娠初期の腹痛はどんな感じ? 痛みの感覚は?

では妊娠初期に起こる腹痛のうち、心配ないと考えられるような腹痛とはどのような感じなのでしょうか。いろいろと調べてみると、人によってさまざまな表現で表されています。

妊娠初期の痛みの表現


・生理痛のような下腹部の鈍い痛み
・ひきつれるような痛み
・キュっと引っ張られるような痛み
・締め付けられるような感覚
・ちくちくと痛む

妊娠初期は赤ちゃんの成長も早く、子宮もどんどん大きくなっていきます。このように身体の変化が大きい時期でもありますので、腹痛以外にもいろいろな症状が出ると言われています。

また個人差もありますので、心配な場合には病院でお医者さんに相談するのが安心でしょう。便秘や下痢の相談にもきちんと応じてくれますし、妊娠中でも安心なお薬を処方してくれることもあります。

これらの腹痛は妊娠して起こる変化に身体が慣れるようになると次第に治まると思われます。

妊娠初期の心配な腹痛…その痛みの特徴や症状

この時期の腹痛として、もっとも心配なのがやはり流産です。他にも先ほどご紹介したような、心配な腹痛を引き起こすトラブルが。ではこれらの場合の腹痛とはどのようなものなのでしょうか。

痛みの特徴


心配すべき腹痛の痛みは次のようなものだと言われています。

・ズキズキと強く痛む
・締め付けられるような痛みが強い
・痛みがずっと続く

いつもと痛みが違うと思ったら要注意です。

その他の症状


痛み以外にも症状が現れることが多いです。

・出血する
・基礎体温が低下する
・つわりが急になくなる

このような症状が痛みと共に現れたら、早急に病院を受診しましょう。

妊娠初期に腹痛がある場合の対処法

腹痛がある場合には、まずは30分〜1時間ほど横になって安静にしてみましょう。痛みが引いたり軽くなればそれほど心配はないと思われます。

激痛や出血などがある場合


この場合にはとにかく早急に受診をするのがいいでしょう。

心配なさそうな腹痛の場合


・冷さない
身体が冷えていることで、腹痛が強くなる場合があります。さらにそれだけでなく、流産や早産の危険もあると言われていますので、冷えは妊婦さんの身体に大敵です。

・身体を大切に
重い物を持ったり、長い時間たっていたりするとおなかの筋肉に負担がかかります。血液循環が悪くなると身体の冷えにもつながりますし良くありません。できればゆっくり過ごせるのが理想です。

・心配な時や、つらい時にはお医者さんに相談を
心配ないような痛みの場合でも、長く続いていたり、不安になったりする場合には、もちろんお医者さんに相談してみましょう。便秘なども相談すると、妊娠中でも使用できる下剤などを処方してくれることもあります。

妊娠初期は腹痛以外にも大変な時期です

妊娠すると女性の身体は大きく変わり始めます。

そのためさまざまな原因で腹痛が起きてしまいます。他にもつわりや身体のだるさなど、身体に現れる症状はさまざまですが、どれも大切な赤ちゃんのため。

妊娠初期は大変な時期ですが、身体を大事にしてゆったりと過ごしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)