ジャズの帝王になりきった

写真拡大

 「ホテル・ルワンダ」や「アベンジャーズ」シリーズのドン・チードルが、“ジャズの帝王”マイルズ・デイビスを演じ、監督デビューも果たした「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」の予告編が、公開された。

 トランペット奏者として一世を風びしたデイビスが活動を休止していた、空白の5年間を描く本作。舞台は1970年代後半の米ニューヨーク。ドラッグと酒におぼれ自堕落な生活を送るデイビスのもとに、音楽記者デイヴ(ユアン・マクレガー)が訪ねてきたことから起こる波乱の出来事を描く。

 チードルは、監督・製作・共同脚本・主演の4役をこなしており、クラウドファンディングで製作資金を募ってまで実現にこぎつけたという入魂の一作。デイビスの名曲「So What」が使用された予告編でも、ハスキーボイスに長髪で本人になりきり、見事なトランペットの腕前を披露している。

 それだけでなく、隠とん生活を邪魔され怒り心頭でレコード会社に乗り込み銃を撃つ、夜の街でカーチェイスに興じる、ボクシングの試合会場で自分を馬鹿にした男をなぐり飛ばすなど、デイビスの知られざる一面にスポットを当てる。本作では、悪らつなプロデューサーにマスターテープを盗まれたデイビスがデイヴを伴いテープ探しに身を投じるさまも描かれており、予告編の全編にスリリングなムードが漂っている。

 「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」は、12月23日から全国公開。