写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マイクロソフトとSBクリエイティブは10月21日、SBクリエイティブが展開するIoTソリューション「インテリジェント・ラベル」とソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を連携させたサービスの実証実験を資生堂ジャパンと協力し、首都圏のドラッグストアで開始することを発表した。

インテリジェン・ラベルは、店舗の商品棚にマイクロデジタルパネルを取り付け、インターネット経由でそれぞれの商品情報をタイムリーに発信するとともに、モーションセンサ(Kinect for Windows)を連携させることで、顧客の棚前行動を把握・分析することができるIoTソリューション。新サービスはこれらの機能に加え、Pepperとの連携を行うことで多言語でのサービス展開が可能となる。

具体的には、顧客が近づくと、インテリジェント・ラベルのモーションセンサーで顧客を検知し、Pepperによる顧客対応が開始される。また、顧客の発話言語をPepperが判別し、インターネット経由でMicrosoft Azure上に情報を送り、インテリジェント・ラベルに表示されるコンテンツとPepperの言語切り替えを行う。この機能を活用することにより、日本語のみならず中国語や英語での多言語コミュニケーションが可能となるとしている。

さらに、モーションセンサーは顧客が接近したことに加え、顧客がどの商品を手に取ったかを検知することができ、その情報はインターネットを介してAzureに送信してデータの分析を行ったり、マイクロソフトのAI技術であるMicrosoft Cognitive ServicesやAzure Machine Learningを活用してPepperと共有したりする。Pepperは該当商品の情報を顧客に伝えることで、手にした商品の理解の促進と購入の後押しを行うという。

(辻)