上映中止がアナウンスされた『アイアン・ジャイアント シグネチャー・エディション』
 - (c) 1999 THE IRON GIANT and all related characters and elements are trademarks of and Warner Bros. Entertainment Inc.

写真拡大

 ワーナー・ブラザースは21日、今月29日から予定していた、映画『アイアン・ジャイアント シグネチャー・エディション』の劇場上映を中止すると発表した。

 同作は、1999年に製作され、不朽の名作として現在も根強い支持を集めるアニメーション『アイアン・ジャイアント』に幻の2シーンを追加して完全版としてリマスターしたもの。新たな特典映像を収録した同作初のブルーレイ化に合わせて、劇場でも上映される予定だった。

 詳細は明かされておらず、同社では「諸般の事情により一旦公開を中止することとなりました」と説明。これにともない、「【劇場限定】アイアン・ジャイアント シグネチャー・エディション Blu-ray スペシャル・セット」の販売も中止となった。

 なお、劇場限定ではない「【初回限定生産】アイアン・ジャイアント シグネチャー・エディションBlu-ray スペシャル・セット」は予定通り12月7日に発売される。名作を大スクリーンで観る機会が中止になったことはファンにとっても残念な結果だが、発表では「一旦公開を中止」とされており、再び上映の機会が作られることを願いたい。

 『アイアン・ジャイアント』は『Mr.インクレディブル』『レミーのおいしいレストラン』などのブラッド・バード監督が手掛けたアニメーション。1957年、アメリカの小さな町を舞台に、一人の少年と金属を食べる不思議なロボット“アイアン・ジャイアント”の友情を感動的につづる。(編集部・入倉功一)