中村蒼主演の「刑事ダンス」はもはやコント!この秋、深夜ドラマが面白い

写真拡大

【芸能ライター・スナイパー小林のドラマ評〜2016秋ドラマ 深夜編 その2】

 今クールの深夜ドラマがやけに見ごたえがあると話題だ。数ある番組から「黒い十人の女」「家政夫のミタゾノ」「勇者ヨシヒコと導かれし七人」「とげ〜小市民 倉永晴之の逆襲〜」「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」の5つをピックアップ。芸能ライターが(おもしろくて)ニヤニヤしながら、秋の夜長にピッタリな作品たちを総評する。

◆お役所仕事の真実(?)がドラマに

●とげ〜小市民 倉永晴之の逆襲〜
フジテレビ、東海テレビ/毎週土曜23:40〜
主演・田辺誠一

 わにのくに市役所、市民相談室に勤務する倉永晴之(田辺誠一)。来る日も来る日も市民からのクレーム、意見、要望対応に追われる日々を送る。ひとつの案件を役所内で処理しようとしても、たらい回し。同じ部内には小生意気な部下まで登場し、自宅に戻っても妻のグチやトラブルに巻き込まれ、ストレスは増大していくばかり……彼はこのまま働き続けることができるのか?

 不幸の連打が続くだけという新しいストーリー展開だ。最近、「画伯」と言われるほどの衝撃的なイラストで天然キャラが前面に出ている田辺誠一。そんな彼が演じるから、晴之が不幸責めでもなんだかどうにかなりそうな雰囲気がしてくるから不思議だ……。後半は毎回、理不尽なことを言ってくる相手に対して晴之がブチ切れるのだけど、これ、もうちょっとエキセントリックな方が絶対に全体が締まると思う。

 見終わると、区役所で人間ウォッチングがしたくなるよ。

◆芸能界の皮肉のオンパレードです

●潜入捜査アイドル・刑事ダンス
テレビ東京/毎週土曜24:20〜
主演・中村蒼

 刑事の辰屋すみれ(中村蒼)が配属された先は警視庁特殊芸能課。番組に送られた脅迫状、編集によるデータ捏造といった事件を解決するため、アイドルとして潜入捜査を始めることになる。結成されたアイドルグルーブはその名も「デカダンス」。メンバーは引きこもりをはじめとした癖のあるキャラクターばかり。果たしてすみれは事件を解決できるのか?

 もうドラマを通り越してコントに近いくらいの、ギャグの連発だ。ドラマ内に登場する番組すべてが「あ、あの行列の……」「ゲスト、にこ●んだよね?」とあからさまなパロディばかり。取り上げるネタも今年、話題をかっさらい続けている「ゲス不倫」などがしっかりと登場してくる。各局に対してギリギリのラインで皮肉っていることに、思わずクスリ。深夜にふさわしいライトな笑いだ。

 しかし中村蒼くん、前クールでは不倫ドラマでイケメンぶりを発揮していたのに、今回はアイドルとは振り切ったなー。あとデカダンスのマネジャー役に野間口徹さん。野間口さんの独特のクールさと安定感、好きです。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k