大人気!自然と贅沢さを“いいとこ取り”するグランピング・リゾート

写真拡大

 最近、話題の「グランピング」をご存じでしょうか。

 「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた造語で、自然環境の中で、ラグジュアリーなサービスが受けられるリゾート滞在のこと。

◆海外で数年前から人気のグランピング

 海外では数年前から人気で、世界中のグランピングを検索・予約できるglamping.comのようなサイトがいくつもあります。
 
 できるだけ優雅に大自然を感じて、心も体もリフレッシュしたい…。そんな大人女子の膨らむ欲望を満足させてくれる「グランピング・リゾート」が、日本でも増えてきています。

 そこで、パーソナルマガジン『セゾン・ド・エリコ』が人気の中村江里子さんが、家族5人とフランス人の友人一家とともに、グランピング・リゾートを「星のや富士」(山梨県)で体験しました。上は40代後半男女、下は6歳の子どもたちの日本旅。はらはらあり、笑いあり、感動ありの旅。グランピング・リゾートの魅力とその楽しみ方をご紹介します。

◆大人も子どもも自然と触れ合う工夫に感激

 初めて日本を訪れるフランス人の友人一家に、日本の素晴らしい自然を感じてもらいたくて、中村江里子&シャルル=エドワード・バルト夫婦が選んだのは、「星のや富士」。東京から約2時間、河口湖畔にあるラグジュアリーなグランピング・リゾート施設です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=603734

 まずはレセプションで、壁一面にかかった色も形もさまざまなリュックの中から、自分の好きなリュックを選ぶというお楽しみがあり、子どもたちは大はしゃぎ! 宿泊するキャビン(客室)やグランピングを楽しむ「クラウドテラス」までは、木立の中を登っていきます。

 どの部屋からも大きな窓の向こうに河口湖の絶景が広がります。秋は紅葉、冬は雪景色、春は満開の桜、夏は新緑と、自然の中で四季折々の自然が楽しめるのも魅力。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=603793

 グランピング・リゾートを楽しむ共有スペース「クラウドテラス」では、さまざまな体験ができます。

「木漏れ日デッキ」では椅子にゆられてのんびりと。朝はここで深呼吸とストレッチを行う「朝霧の森の深呼吸」も開催。森の中にせりだした空中ベンチも!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=603797

 木陰のハンモックで自然を感じながらお昼寝するのも贅沢な時間。

 夜の焚き火BARは、焚き火を囲んで、ウィスキーやワイン、シャンパンなどが楽しめる大人のラグジュアリー空間。大自然の中、ゆらめく炎を見ながら語らう時間はグランピングならではの癒しでしょう。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=603804

◆アウトドアで、いつもと違うグルメな時間

 グランピング中のお食事はアウトドアが中心。朝食はキャビンのテラスで。昼食は森の中で石釜ピザを手作りするプランも。夜はダイニングでのグリルディナーのほか、森の中でちょっとワイルドな「ダッチオーブンディナー」も選べます。

 どのお料理も地元・山梨の食材がふんだんに使われていて、きれいな空気と風景との中でいただく食事は格別。ディナー自体も体験の一つと実感できます。

 たとえば、キャビンでとる朝食は、季節のスープやサラダ、焼きたてのキッシュとパン、信玄牛のベーコン、地元のジャム、ジャージー牛のヨーグルトなど。

◆早朝カヌーに子供たちも感動

「星のや富士」では、大自然を感じられるアクティビティも用意されています。神秘的な樹海を巡る「樹海ネイチャーツアー」、富士山を見ながら乗馬体験ができる「山麓乗馬」、そして河口湖をカヌーで漕ぐ「湖上の早朝カヌー」。

 中村さんたちは、カヌーを体験。朝日が輝く湖面を富士山に向かって漕ぐカヌーは、本当に気持ちよかったといいます。子どもたちもすぐに漕ぐのがうまくなり、冒険気分で楽しんだそう。

 漕ぎ方は指導してもらえるので初めてでも大丈夫。運がよければ水面に映る「逆さ富士」も楽しめます。

 アクティビティはもちろん、広大な森の中でのグランピングはなかなかできない体験で、バルトファミリーにとっても友人家族にとって素晴らしい時間となりました。

 他にも、グランピングと銘打ったスポットが全国で誕生しています(中には、ほぼ普通のキャンプじゃん、と思うようなところもありますが…)。興味があれば、グランピング・ジャパンなどのサイトで探せますよ。

<TEXT/女子SPA!編集部>