試合開始直前のタイ代表たち

写真拡大

 プーミポンアドゥンヤデート国王陛下の崩御で揺れるタイ。スポーツではサッカー人気が熱いタイにもプロリーグ「タイ・リーグ(PLT)」があるが、運営側は国王への哀悼の意を示すため、いち早く残っている今シーズンの全試合の中止を決定した。

 そんなタイで、先月6日、ワールドカップ・アジア最終予選として、バンコクでタイ代表と日本代表の試合が開催された。あれから1ヶ月半、改めてタイのサッカー代表の実力を分析してみたい。日本人の評価は概ね日本代表の不調だったという論調になるが、タイ代表は本当に日本代表に劣っていたのだろうか?

 2016年9月15日時点で日本代表はFIFAランキングで56位、タイは135位に位置する。FIFAランキングが始まった1993年には日本が43位、タイが66位と実力は拮抗しており、Jリーグ発足以前は日本代表よりもタイ代表の方が強いとされた時代もあったことはあまり知られていない。ただ、タイ人はムエタイやセパタクローといった、足を巧みに使うスポーツを幼少のころから嗜んでいることもあり、日本人選手とは違った筋力があり、動き方など基礎的な身体能力は高いと評される。

 代表戦の前、日本のメディアはタイ代表を急成長と評価していた。しかし、蓋を開けてみれば不調だった日本以上にタイは決定打に欠けていた。そんなタイ代表の本当のところをバンコク在住の日本人サッカー関係者に話を聞いてみた。

 タイのサッカー事情について語ってくれたバンコク在住の日本人サッカー関係者は2人。ひとりはPLTの人気チーム「チョンブリFC」でマネージメントを担当していた小倉敦生氏。もうひとりはタイ発で唯一の日本人向けPLT情報サイト「SAMURAI×TPL」の代表、浜崎勇次氏だ。

 小倉氏は長年PLTに関わり、実父は日本サッカー協会第12代会長の小倉純二氏である。浜崎氏は、Jリーグを除いて最も日本人選手が多く活躍するプロリーグであるPLTの情報を2011年から提供しており、サッカーファンだけでなく選手や関係者も注目するサイトを運営している。

――実際にタイのサッカーを見続けてきたふたりにとって、タイ代表の評価はどうでしょうか

小倉:「この数年でよくはなってきた。最近、タイのサッカー協会が中長期計画を持って10年後を目標にワールドカップ出場を果たすとしている。ただ、目標に向かって努力はするだろうが、タイ代表がそこに到達できるかは別の話になるだろう」

浜崎:「いい意味でも悪い意味でもサッカーは国民性が出る。タイ人の性格からすると計画がその場だけになりそうな気がする。タイ人は計画打ち出しまではやるが、実際に行動に移さないこともある」

小倉:「タイ代表はこれまで分析や練習を詰めてやらなかったし、細かいところに落とし込んできていない。つまり、積み上げることをしてこなかった。これはサッカーに限らず、タイ人全般的に苦手な分野だ。また、タイ・サッカーの運営側のトップが変わって計画のすべてがゼロにされる可能性もある。これまでも積み上がってこなかったから、そこまで変われるのか疑問が残る。政治を見る限りでもコロコロ変わる。だから、タイ代表はまだ様子見の時期でしょう」

浜崎:「ある程度レベルは上がるが、それはほかの国も同じ。言い方が合っているかどうかは別として、今のままでは日本に追いつくということはかなり厳しいと思う」

 お二方が指摘する通り、タイは利権など水面下でかなり熾烈な争いが起こる。実はタイ・リーグ(正式にはプレミアリーグ・タイランド)というリーグ名称は2016年からのことで、それ以前はタイ・プレミアリーグ(TPL)と呼ばれていた。しかし、TPLの会長が運営を同名で会社化してしまい、その上、問題を起こして5年間の追放を受けてしまう。今年は新会長の下で新たにリーグが始まったわけだが、TPLと呼ぶことができなくなってしまい、苦肉の策で単語を入れ替えることでPLTとなったのだ。