この日“64”をマークし、暫定3位タイに浮上した松山英樹(撮影:GettyImages)

写真拡大

<CIMBクラシック 2日目◇21日◇TPCクアラルンプール(7.005ヤードパー72)>
 マレーシアのTPCクアラルンプールで開催中の米国男子ツアー「CIMBクラシック」2日目。松山英樹がトータル11アンダー・暫定3位タイの好位置でホールアウトした。
【関連】「日本オープン」の“競演”!石川・松山・スコットの2日間を振り返る 
 
 前半で4つスコアを伸ばした松山は後半も4つのバーディを奪い、この日“64”をマークしV圏内まで一気に駆け上がった。
 4ストローク伸ばし前半を折り返した石川遼は、後半12番から連続ボギーを叩くものの、続く14番・15番と続けざまにバーディを奪ってスコアを戻し、17番ホール時点でトータル7アンダー・暫定14位タイにつけている。
 トータル14アンダー・暫定首位タイに昨年覇者のジャスティン・トーマス(米国)、アニルバン・ラヒリ(インド)、3打差暫定3位タイに松山の他、ラッセル・ノックス(スコットランド)、ジェームズ・ハーン(米国)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【佐藤信人、勝負の明暗】松山英樹、技術・パワー・精神力で他の選手を凌駕
タイガー・ウッズが新ビジネスブランド『TGR』を発表
いよいよ僕らの開幕戦 PGAツアー復帰です!【ヨシくんMEMO #4】
ユーティリティ巧者・片山晋呉“ドライバーを抜く戦略”の内幕