sora tob sakana、寸劇挑戦でなっちゃん(寺口夏花)がいい転びっぷり!/(C)テレビ朝日

写真拡大

10月21日(金)深夜に放送される「アイドルお宝くじ」(テレビ朝日ほか)は、トーナメント戦方式で3組のアイドルがバトルを繰り広げる“アイドルお宝クイーン決定戦”を。

【写真を見る】こけぴよがミュージカルスクールで鍛えたパフォーマンスを披露!/(C)テレビ朝日

毎回3組、3回にわたって9組のアイドルが“アイドルお宝クイーン”の座を懸けて戦いを繰り広げ、会場のファン100人がお題に沿って披露されるアイドルの全てのパフォーマンスを見て採点し投票。1位のアイドルだけがトーナメントを勝ち進むことができる。

予選グループBの出場者は、こけぴよ、sora tob sakana、ピンク・ベイビーズの3組。彼女たちに課せられる今回のお題は「パフォーマンス中のどこかで必ず寸劇を入れる」こと。

寸劇といえば、10月21日に3000人規模の3rdワンマンライブを行うことでも話題のセルフプロデュースアイドル・生ハムと焼うどんが、歌の間に寸劇を取り入れて評判となっているのが記憶に新しい。果たして3組はどのような寸劇を見せてくれるのか?

まず登場するのはsora tob sakana。以前もこの番組に登場し、結果を残していた彼女たち。本番直前のインタビューでは「私たちのことを知ってもらえるような寸劇がテーマ」と話していたが、一体どのような内容の寸劇を見せてくれるのか。

次に登場するのは'09年に結成された、こけぴよ。彼女たちは歌や演技のレッスンをするミュージカルスクールの生徒で結成されたアイドルで、劇は得意分野。「こけぴよらしさを前面に出して頑張りたい」と勝ちへの意気込みを見せた。「見どころは(寸劇)を入れる場所」とも話してくれた彼女たち。どのような劇に仕上がっているのか?

最後に登場するのはピンク・ベイビーズ。'70年代の“レジェンドアイドル”ピンク・レディーの楽曲を正規に後継するユニットである彼女たち。

「楽屋でもずっと練習をしていたんですけれど、それでもやっぱりドキドキしています」と、寸劇は初挑戦ということでかなり緊張している様子で話した。今回は仕上げ曲の内容とうまく

マッチした寸劇で勝負する。

三者三様に寸劇にチャレンジした今回の戦い。果たして勝ち残るのはどのグループなのか?

「アイドルお宝ニュース」は、前回に引き続き陸の孤島ライブの模様を紹介。以前の放送でファンへ振る舞うカレーの食材調達までオンエアされたが、今回は実際の調理風景を公開する。果たしてメンバーは協力し合い、おいしいカレーを作ることができるのか。

また、続いてのニュースでは、10月16日にオーストラリアで行われた「2016メルボルンマラソン」にでんぱ組.incのピンキーこと藤咲彩音が参加した模様を紹介。フルマラソンを5時間27分22秒で走り切ったピンキーが、現地からの声を届ける。