約6年ぶりの来日が決定した歌手のスティング UNIVERSAL MUSIC

写真拡大

11月11日に3年ぶりのニュー・アルバム「ニューヨーク9番街57丁目」をリリースする歌手のスティングが、プロモーションのために来日することが決定した。2011年1月の「シンフォニシティ」ツアーから約6年ぶり、公演ではないプロモーション来日としては13年ぶりで、同じく13年ぶりの“ロック・アルバム”「ニューヨーク9番街57丁目」を日本のファンに届けにやってくる。

前作「ザ・ラスト・シップ」(2013)は生まれ故郷を舞台にしたミュージカルのために書き下ろした作品だったが、3年ぶりの新作はキャリアの原点に回帰したといえるダイレクトなロック・アルバム。ドミニク・ミラー(G)、ヴィニー・カリウタ(Ds)ら旧知のミュージシャンたちと共に、わずか数週間のセッションで衝動的に仕上げた作品となった。

プロモーション来日中には本人出演のイベントが決定。日本盤アルバム(CD)を購入した方から抽選で150名が参加できるとあって、ファンにはたまらないイベントとなりそうだ。

<プロモーション来日 本人出演イベント>
2016年11月11日発売『ニューヨーク9番街57丁目』日本盤CDを購入し応募された方から抽選で
A賞:スティング本人出演イベントにご招待(150名様)<2016年11月28日(月)都内某所>
B賞:スティング直筆サイン(30名様)【ハリウッドニュース編集部】