1

ハロウィンに合わせて、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)から新たな揚げ菓子「リングチュロス」が登場しました。チュロスといえばミスタードーナツのハニーチュロのように、ドーナツやパン系統のメニューという印象ですが、KFCはどんなチュロスを生み出したのか、食べに行ってきました。

今年もハロウィンはケンタッキー!手軽にご自宅でハロウィンパーティが楽しめるメニューが登場「ハロウィンバーレル」、「リングチュロス」10月21日〜31日 期間限定で販売〜10月1日から「ハロウィンバーレル」予約受付開始〜

http://japan.kfc.co.jp/news_release/news160928kfc.html

KFCといえばチキンということで、メインで推されているのは「ハロウィンバーレル」でしたが、このように「リングチュロス」が目立っているメニュー表もありました。単品だと220円ですが、ハロウィンバーレルと一緒に購入すれば170円です。



今回は単品で購入しました。



頭の中には「ハニーチュロっぽい?」というイメージがあったので、まず「3つ入り」という事実にちょっと驚きます。



しかし、それもそのはず。サイズがよくあるチュロスに比べてかなり小さめ。成人男性の親指+人差し指ぐらいのサイズです。



KFC特製の「パンプキンメイプル」が別添されていることからもわかるように、基本の味付けはプレーン。砂糖がまぶされているわけでも、コーティングされているわけでもありません。しかし、カリッとした外側の食感ともちもちっとした内側の食感、そして香ばしさが口に広がり、これはこれで「甘くないおやつ」としてアリ。これは揚げたてだった場合の特権です。



「パンプキンメイプル」はカボチャのやわらかな甘みを活かしたシロップ。くどすぎない甘みが熱々のチュロスの味わいを引き立てます。



ドーナツ類の価格を考えると、単品で220円というのはちょっと高めの設定。作り置きしてあるものであればガッカリですが、揚げたてであれば「これはアリ」と思える品になっています。KFCのデザートといえばビスケットが有名ですが、これもそれに並ぶぐらいの人気商品になれる力は持っているという印象。ハロウィン時期だけの限定商品のようですが、ぜひ継続して販売して欲しい品です。