【質疑応答】ブルーノ・ガルシア監督、フットサル日本代表の姿は「イニシアチブをとってゲームの主役になるチームを作りたい」

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は21日、フットサル日本代表監督を率いることとなったブルーノ・ガルシア監督の就任記者会見を行った。記者会見で行われた質疑応答は以下の通り。

――これまでもアジアの国で指導してきた中、日本のフットサルチームとも対戦したと思うが、チームの印象や気になった選手など

ブルーノ・ガルシア監督「ここ数年で日本のことは本当に研究してきた。本当に細かな部分まで熟知している。そういう意味ではゲームスタイルやプレーの進め方も理解している。また、代表候補選手たちの知識や情報も持っている。前任のミゲル・ロドリゴ氏との親交もそうだが、日本代表のスペイン遠征やアジアの大会を通じて、日本のゲームは度々見てきた」

「その力の結集を見たのは、2012年と2014年のAFCフットサル選手権での連覇。その辺はしっかりと見てきた。ただ、2016年は残念な失敗に終わり、それを経て、これまでの流れを理解しているために、何がうまくいかなかったかを自分の目で分析し、これから何をしなければいけないというプロジェクトの入り口に立っている。質問に関して言えば、日本代表についてはわかっているし、選手の特長も大方分かっている」

――その研究の成果があってベトナムが日本を上回ってW杯への出場権を獲得したが、今見えている日本の良いところと課題は

ブルーノ・ガルシア監督「戦略プランをきちんと描くこと。それはチームによって行われるべき仕事だ。チームとは、ダイレクター、技術部、そしてA代表の最高責任者としてかかわる自分。さらにアンダー世代に関わるテクニカルスタッフなどそれらのワーキングが必要。また、戦略とは目標が大事だと思っている。それは、あるべきアジアでの立場に帰ることに設定する。それを実現するためにも指導者のレベルを上げていく。また、どんな年齢、どんな世代の人でもこのスポーツに取り組む、根強いものを作る。そういう環境の中で、各年代で競技として取り組んでいるゲームやトレーニングの取り組み方が同じ方向を向くことが大事だ。つなりはどの年代のチームがプレーしていても、日本のフットサルはこういうものだと一目でわかるスタイルを作り上げることだ。具体的なことについては少しずつ作業を始めている段階だ」

――A代表の成績結果で具体的な目標は

ブルーノ・ガルシア監督「1つ目は短期目標として次のAFCフットサル選手権で表彰台に上がること。これは、口で言うほど簡単ではなく、私が率いていたベトナムでも力を入れて強化しており、今はアジアでそういう国が増えている。それでも、その目標を達成して、徐々にレベル上げて、次のW杯の出場権を勝ち取る。W杯に出場できれば、どういう状況かより多くのことがわかっている段階なので、W杯では新たな目標設定をしたい」

――北澤委員長に質問です。日本のW杯出場を阻まれた相手国の監督だが

北澤委員長「むかつくとはかないですよ(笑)大事なことは、これまでスペイン路線できた中で、ミゲル・ロドリゴ氏の評価があって、そこを大きく変えるのではなく、積み重ねで良かったと所、悪かった所を改善できる要素がある人物です。あとはアジアのことを良く知っていて、代表監督も務めてきた監督です。アジアを勝ち抜く上では大事な情報だと思います。(自分たちが倒されたところでそういう手腕も評価には入っているのか)言いたくないですがそれはあります。常に研究していますし、戦略の部分でスペインはオプションを持った守備ができます。一方で攻撃もオプションがあります。そこがやられた理由でもあると思うので今後勝ち抜くためには必要な要素だと思っています」

――選手選考していく上で、求める基準は

ブルーノ・ガルシア監督「強度、戦術的集中力、大きなパッション、つまりは日の丸を守っていく、背負っていく気持ちの強さ。この3つが、本当の意味で備わっていればどのクラブのどの選手でも門戸は開いている」

――目指していくフットサルでミゲル氏と同じ部分、違う部分は

ブルーノ・ガルシア監督「大方のライン、いろいろな部分で共通しているのはあると認識している。言ってみれば、同じ母乳、栄養をもらって育ってきたスペインの指導者なので共通点は大きい。ただ、細かなところではそれぞれの個性があり、ディテールの違いは現れる。ミゲル氏がここでしてきた仕事は大きな成果であり、功績を残してフットサル文化を発達させた。自分がやることは、発達している現状を有効活用して、どういう部分をもっと良くしていけばさらに発展できるかを精査する。ただ、目標としてはどんなゲームに対してもイニシアチブをとって、ゲームの主役になる日本代表を作りたい」