田嶋会長、フットサル日本代表監督就任のブルーノ・ガルシア氏に「全面的なサポートをしていきたい」

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は21日、フットサル日本代表監督を率いることとなったブルーノ・ガルシア監督の就任記者会見を行った。会見に出席した田嶋幸三会長が新指揮官への期待を口にしている。

▽田嶋会長は「新たなスタートを切るのにふさわしい監督が来てくれた」と喜びを示し、次のように語った。

◆田嶋幸三JFA会長

「本日ここにブルーノ・ガルシア監督を、フットサル日本代表の監督として迎えられたことを喜んでいます。北澤技術委員長、小西テクニカルダイレクターを中心に初めて技術委員会を立ち上げ、単純に代表チームの勝ち負けや成績だけでなくフットサルを広めること。女子、男子、様々な年代を考えたプランを出して貰いました。指導者養成ももちろんです。日本のフットサルの位置付け、新たなスタートを切るのにふさわしい監督が来てくれたと思っています」

「残念ながらコロンビア行われたフットサルの世界大会には出場できませんでした。そして、ベトナムチームを率いてベスト16に入った彼の手腕。そういうものを評価したうえで今回、北澤委員長を中心に決定してくれました。彼の力が一番生きるように、日本サッカー協会は全面的なサポートをしていきたいと思っています。皆さんもよろしくお願いします」