きのう20日(2016年10月)は、北海道の旭川、札幌、網走では平年より数日早い初雪を観測したが、関東以南の320地点では25度以上の夏日になった。南と北のこの寒暖差は、東北から北海道に伸びた寒冷前線に向かって南から暖気が流れ込み、北からは強い寒気が流れ込んだためで、日本列島に夏と冬が同居した形になった。

気象予報士の井田寛子「来週は東京でも最低気温が10度を下回る日が出てきそう。半袖シャツとおさらば、西日本でも厚手のコートを準備しておくといいでしょう」