画像

写真拡大 (全2枚)

 三菱総合研究所と訪日外国人の位置・移動情報に特化したSNS解析サービスを提供するナイトレイが業務提携を行った。今後インバウンド市場分析サービスをリリースする予定だ。

 三菱総合研究所(以下、MRI)とナイトレイは、企業や自治体、日本版DMOの観光戦略策定、デジタルマーケティング支援を目的とする業務提携を10月20日に締結した。

 今回の提携では、MRIが有する観光関連調査実績やデータ分析ノウハウに基づく訪日外国人来訪者数の将来予測、SNS解析の視点と、ナイトレイが提供するSNS解析サービス「inbound insight」を融合し、新たなインバウンド市場分析サービスを提供。さらに、企業や自治体、日本版DMOの観光戦略策定やデジタルマーケティングを支援していく。

 今後11月に、MRIによる訪日外国人動向の2030年までの将来予測結果を、「inbound insight」において提供する新サービスとして開始する予定。くわえて12月以降、訪日外国人の位置・移動情報を活用した新たなインバウンド市場分析サービスを順次開始していく。

MarkeZine編集部[著]