駐車していた車に戻ると、後部に激しくこすられた跡。周囲に人の気配はなく、いわゆる「当て逃げ」をされた状態だったそうです。

しかし、その上を見ると「口紅」で何かメモが残されていました。

いったい何が書かれていたかというと……。

 


かなりガリガリっとやられています。

そして口紅をよく見ると……。

[画像を見る]
『FR-』
↑このナンバープレートの白いトラックがあなたの車にぶつかった。

なるほど、目撃者が覚えていたことを伝えようと、手元にあるもので機転を利かせてくれたようです。

ぶつけた車にもダメージがあるはずなので、何の手掛かりもないよりは、ずいぶんと助かることでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●なんとすばらしい他人なんだ。

●ぶつかったシルバーのSUVの運転手が書き残したものだったりして……。

●ずる賢いアイデア:もし駐車している車にぶつかったら、へこんでいる車のナンバーを書いておく。

↑もっとずる賢いアイデア:その隣の車をへこませてから、その車のナンバーを書く。

●こういう風に書いておく。
「あなたの車にぶつかりました。それを目撃した人は、私が今、自分の詳細を残していると思っています。でも残しません」

↑実際に白紙のメモを残されたことがあるよ。だからもし自分が目撃したら、自分は書き留めることにした。

●自分の叔父もフェイクの通報をされていたよ。ちょうどそのとき、がんの治療のために病院にいたアリバイがあった。なので通報者した人間はかなりのトラブルとなったと思う。

●良い行いにケチをつけるつもりはないが、警察に連絡したほうがよかったんじゃないか。すると目撃者もできるしね。

↑こうした努力だけでも十分ってときがある。自分が目撃者だったら、「そんな時間はねーよ」となるので。

●良い口紅なら値段が高いので、これは犠牲を払っている。

●大学の駐車場で友人の車に、「あなたの車のそのダメージは、とても気の毒に思います」とメモが残されていた。

●数年前、女性が運転する車がバックして自分の車にぶつかった。
別の女性がそれを目撃して、その女性に残るように伝えたが、その場を去ってしまったそうだ。しかしそのすばらしい目撃者の女性は、自分が買い物から出てくるまで25分も待ってくれていた。
彼女は車のメーカー、モデル、ナンバープレートを知っていたので、警察に通報した。警察は去った女性の自宅までいき、彼女は違反チケットを切られ、修理は彼女の保険で行われた。
目撃者とその子供には、ショッピングモールで良いものを贈っておいた。長く残ってくれて、警察にも犯人の特徴などを伝えてくれた。彼女に感謝である。


もちろん通報してくれるのが一番の親切ですが、急いでいるなど事情もあると思うので、こうした小さなサポートでもうれしいものですね。

【「うわっ、車が『当て逃げ』されてる……あれ?」→その隣に口紅のメモが残されていた】を全て見る