東京を代表するアートの祭典

写真拡大

イベント「六本木アートナイト 2016」が2016年10月21日から23日まで、六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウンなど東京・六本木エリアの各所で開催される。

「六本木アートナイト」は、商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街なかに点在させ、非日常的な一夜限りの体験をつくり出すイベント。

今年のテーマは「六本木、アートのプレイグラウンド〜回る、走る、やってみる。〜」。子供の頃に走り回った遊園地や校庭、裏庭のような楽しく自由に遊び回れるみんなの広場という意味が込められている。

また、アートの周りに、多様な人が集い、参加し、日常で忘れかけた無邪気な頃の思いを蘇らせ、アートを自分の目で見て、聞いて、触れて、体感する、古いけれど新しい「リアル」な感覚を楽しめる内容となっている。

メインプログラムのアーティストに、国内外で幅広い活動を展開し高い評価を受け注目を浴びている現代美術家の名和晃平を起用。希少植物を追って世界中を飛び回るプラント・ハンター「西畠清順」とバルーン(風船)の既成概念をさらりと覆す大胆な発想でファッション業界からも高い評価を得ているバルーン・ユニット「デイジーバルーン」とタッグを組む。

ほかにも、街中でのインスタレーション、パフォーマンス、トークタイム、展覧会、ワークショップなどのプログラムも用意されている。

入場料は無料(但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)。